人気ブログランキング |

インプロライブでの映像投影。

f0002998_21311790.jpg


昨晩は、江古田のフライングティーポットでumwltのライブ。
そしてそのままフリーインプロのセッションタイム。

*

先月の阿佐ヶ谷でのumwltライブでやってみたプロジェクター2台体制での映像投影を、今回はもう少し改善してやってみました。
2台のプロジェクターを3000ルーメンの短焦点の機種でそろえて、(前回は1台は小さくて暗いプロジェクターでした)
前回、PCを変えてソフトのインストールしなおした後に、MIDIコントローラーのマッピングをし忘れちゃってたのを、今回はちゃんとマッピングして。w(^^;(下の写真)

f0002998_21121726.jpg

f0002998_21121822.jpg

だいぶ、イイ感じになってます。
2台で投影すると、空間の広がりが今までと全く違います。

2台同時に映像を出力するのは、プロジェクターを1台落としたらソフトもフリーズしちゃったりとか、最初はなかなかうまくいかなかったんですけど、
最終的なHDMI分岐&スイッチャーの前に、もう一台別のHDMI分岐機器を入れて1クッションいれたら、
その先で出力機器や入力機器を切り替えたり、電源のON/OFFとか、何かあってもPCやソフトの動作に影響せずに安定運用できるようになり。
(どうしてこうしたら大丈夫になったのか、の理屈の詳細は不明、。)

f0002998_21121801.jpg

あと、今回は、実際にライブでは使わなかったんですけど、
プロジェクターの出力をデジタルカメラからのHDMI出力の映像に切り替えることもできるようにはなってて。
2台のプロジェクターを、同じ映像を投影 or 別々の映像を投影 で、パソコンからも、それ以外のデジカメや再生機器からも、かなり自由に~というところまで、テストでは出来るようになってます。

使ってる安いスイッチャーだと入力元の切り替えをすると、何秒か映像はブラックアウトするので、、ライブ中に自由に切り替えっていうわけにはいかないんですけど。
バックアップ用途か、曲での変更とか、というところでなら。

VJソフトは、デジタルカメラ(またはビデオカメラ)映像を取り込んで、手持ちの映像データとカメラのライブ映像を自由にミックスして使う、っていうことも可能なんですが、
それをする為には、カメラのライブ映像データをソフトに認識させるためのアダプター的な機器が1つ要るようで。
それはいずれ。

*

今回のバンドのライブ記録映像はこちら。(7/6 21:50 追記)




by m_sakamaki | 2019-07-15 21:41 | 映像 | Comments(0)

新しいソフトを覚えるのって、、面倒ですよね。

f0002998_20171443.jpg

午後、光舜堂に、9月末のフォ先生の二胡教室の発表会チラシを置かせてもらいに行ってきて。
帰って来てからは、ひたすらVJソフトとの格闘。。

ソフトとPCの関連付けとかあって。
使うのはノートPCだし。
ノートPCはネットの設定もしてなかったので、そこから。

*

自分、基本的に、パソコンの設定とか、こういうのって、、、、超苦手なんですよね、、、。(--;
でもやらないと仕方ないから。いつも頑張ってやってますけど。

しかも、ソフトのアクティベートのための画面が、全部英語で。
英語も超苦手な自分は、あぁぁぁ、、、、と思いながら、「たぶんこれでいいのかな。」と、、頑張りました・・・。

*

なんとか、無事、ノートPCでソフトが使える起動するようになり。
次にソフトの使い方。

あぁ、、、ほんと、新しいソフトを覚えるのって、ストレスたまるなぁ、、、と思いつつ、
でも誰かが教えてくれるわけでもないので。
シンプルな説明しかない、薄いマニュアルを読みながら、とりあえず触ってみることに。

*

「う~ん、、よくわからん。。」と思いつつも、半日いろいろ触っていたら、だんだん理解も出来てきて。
買う前に、いろんなサイトとか見てても微妙にわからなくて不安だった静止画の扱いも、ちゃんと普通に使えることが分かって。
出力する画像や動画の切り替え、ミックスのやり方もだんだんと。

なるほど。これだったら、イメージした感じで映像の投影ができそう!・・・・と思えるところまで来ました~。(嬉)

次回のバンドのリハまでに、ある程度、使えるようにしておきます。

*



by m_sakamaki | 2016-07-31 20:35 | 映像 | Comments(0)