人気ブログランキング |

現実逃避でセミの鳴き声の消去テスト。

f0002998_00215744.jpg


あれもやらねば、これもやらねば、と思いつつ、現実逃避でセミの鳴き声の消去テスト、。
動画にしてみました。(いずれも長さは11秒)
下の動画はオリジナルの音です。





次に、下の動画が、セミの音だけ消去したもの。
ちなみに、これ道路わきで車が通っていて、すぐ脇には用水路で水が流れてます。

使用ソフトはRX7アドバンス。
使ってるモジュールは、Spectral De-noise(スペクトラルノイズ除去)。
セミの音の部分だけ読み込んで除去してます。



ついでに、上記のものから更に声だけ分離して他の背景の音を消したらどれくらい消えるものか、、、というのが下の動画。
使ってるモジュールは、Dialogue Isolate(ダイアログ分離)、それから、ちょっと声がモアモアしすぎてたので、加えてEQを少しいじってます。




ちょっとやり過ぎで歪んでますけど、、
最初の「え~」が比較的綺麗に出来てるのは、声のトーン、発音がはっきりしてるからかなぁ、と。
言葉の音の高さの問題もあるかもしれません。

以前に背景の騒音が酷い録音から声を抽出してみようとしたんですけど、
その時は全然ダメで、背景の音に対して声が小さくて埋もれちゃってるとダメなんだと思います。



by m_sakamaki | 2019-08-19 00:16 | 動画 | Comments(0)

虫の鳴き声の除去。

f0002998_15181799.jpg

昨日、真岡の灯籠流しに行ってました。
片道4時間、、。遠い、、。
(帰りはJR小金井駅まで車で送ってもらったので、2時間ほどで帰り着きました。)(嬉)

夏のイベントは、動画撮影の練習・テストということにしてるので、
今回は、EOS-RとXF400を持って行って、
自分への宿題としては、2つの、センサーサイズの違うカメラで録った映像を違和感なく編集をする、というのと、
XF400はまだ使い慣れてない部分があるので、操作に慣れること。

友達のIさんの二胡演奏もあったので、二胡演奏の部分は、三脚に据えてちゃんと録ってみよう、ということで。

*

二胡演奏時の撮影カメラ位置が、ステージに向かっての川の対岸で、
そのあたりは桜の木や草叢がおおく、特に、「ギィ~~~ッ」とひたすらうるさく鳴いてる(たぶん)クサキリの音が半端なく、。

帰ってきてから、風の吹かれノイズと、このクサキリの鳴き声だけはなんとかしようかな、とRX7で修正を試みてました。

クサキリの鳴き声の周波数が5K~13Kくらいだったので、試しに思い切ってその部分の帯域全部のゲインを、鳴き声が気にならなくなるまで下げてみたら、それほど全体への影響が気にならずに消せそうだったので、その方向でやってたんですけど。

今日、別のやり方でやったらもっと綺麗に出来るかな、と今度は「Spectral De-noise」で試しに。
クサキリの鳴き声の部分だけ、ノイズとして読み込ませ(上の写真)、プレビューで除去程度の音を聴きながら数値を決めて全体から除去(下の写真)。
結果として、周波数で帯域ごとゲインを下げちゃったのとほぼ同じ感じになりました。

RX7の操作にも、だいぶ慣れてきました、。(^^;

f0002998_15181758.jpg

by m_sakamaki | 2019-08-16 15:42 | 動画 | Comments(0)

動画の小型三脚。

f0002998_21494628.jpg

夏はお祭りとかのイベントも多くて、動画撮影の練習がてらちょこちょこ出歩いているんですけど。
小型のビデオ用三脚をなんとか都合せねば、、、というのを強く感じてて。
その辺の改善をやっと。

ビデオ用三脚は今2つ持ってるんですけど。
ちょっと大きくて。
がっつり撮影する時はいいんですけど、そうでない時に気軽に持って行って使えるのがなく、。
小さいビデオ用三脚もいくつか持ってるは持ってるんですが、基本的にマルチカメラで撮影する時の放置用カメラを三脚固定で撮影する目的で、つけてるビデオ雲台もスライドしなくて。
それを持ち出して撮影しようとすると、特に一眼デジ動画を雲台に乗せた時の前後の重量バランスが悪すぎて非常に困る、、ので。

縮長が短くて持ち運びが便利で無駄な威圧感がなくて、でもある程度しっかりしてて、雲台はスライドしてカメラ位置のバランスがとれるもの~ということで。
脚は中古のマンフロの290。(3000円だったかな)
雲台はマンフロの小型ビデオ雲台にしてみました。

一眼デジとXF400を乗せてみましたが、なんとかいけそう。
後はレベラーを買えばいいかな。

f0002998_21454795.jpg

f0002998_21454603.jpg

by m_sakamaki | 2019-08-05 22:11 | 動画 | Comments(0)

動画撮影時のカメラの持ち方など。

f0002998_00290396.jpg

一昨日、スナップ的な動画を一眼デジを手持ちで撮影してどれくらい安定して撮影ができるか、というのを自分の中での1つの課題として、
中野の百観音明治寺の献灯会っていうのを撮影にいってたんですけど。

その編集をしながら、今までいろいろ試行錯誤はしてたけど、やっぱ、感覚的に集中した、一番良い画が撮れるのは、三脚を使わないならこのスタイルであろう、と確信をもったので。
(ジンバルは、移動しながら撮る時は使うとしても、それ以外は手持ちかな、と。あくまで自分の場合は、ですが。)
EOS-Rの場合、手振れ補正をONにしてれば、私としては十分許容範囲内だし。

で、改めて、その場合の操作フォーム(特に左手のカメラの持ち方、ポジション)についてあれこれ考えてみました。

手持ちでガシッと持ってファインダーを覗きながら撮影すると、常に細かくカメラの操作しながら撮影できるのがスゴクしっくりくるんですが。
ピントリング、ズーミングのリング、それと、EOS-Rの場合はコントロールリング(自分は設定で、露出補正かゲインを割り当ててます)の3つを、
それぞれどの指で操作するのが一番持ち替えたりする振動を生じないで操作できるのか、、ということで。あれこれ。

上の写真は、ビデオカメラの3連リングを操作するカメラマンさんがこんな感じですよね。
少しリングの間の幅が広いけど、そこは、最近チェロの練習で指ひろげるトレーニングもしてるしなんとか。w
この場合、親指はズームリングにかけてます。(ズームリングを回すのが一番重いし、ゆっくりズーミングしたりもするので。)

ただ、三脚に乗せてる時はこれ、すごくやりやすいんですけど、
手持ちでファインダーを覗きながらだと、顔にカメラを押し付けられないので、安定感が、、。

それで、普段スチルの撮影の時のスタイルから考えてみた場合のが下の写真。

f0002998_00290501.jpg

手の平は下から回して、小指でコントロールリング。
中指がズームリング、人差し指がピントリング。
親指はピントリングとズームリングの両方を担当。

これだとカメラをしっかり顔に固定できて安定するし、各リングもかなり思い通りに操作できるし。
これでいってみようかな、と。

ちなみに、下のが編集したもの。(3分22秒)
夏は特に、いろんなイベントがいたるところであるので、できるだけ週末はスナップ系の動画撮影の練習に入ってみようと思ってます。
(二胡のコンクールも終わったし、。)






by m_sakamaki | 2019-07-31 01:03 | 動画 | Comments(0)

映像編集の勉強会~百観音明治寺での献灯会。

f0002998_21110354.jpg

いやぁ、、、、今日は、急に暑くなりましたね、、、。(´Д`)

*

日中、4月から参加してる映像編集のオンラインサロンのオフ会(質疑応答形式の勉強会)に参加。
この勉強会は、参加できなくても、すべて動画で記録されてオンライン(会員制)で見られるようになってるので、
質問したい内容が特にない場合はどうしてもその場にいないといけない、という訳ではないんですけど。
その場にいると、他の人の質問から派生して聞きたいことも出てきて、その場で聞けるので。

エディウスで編集をして、カラコレをダヴィンチ、っていう、その流れをもうちょっとちゃんとよく覚えて、自分のものにせねば、と思った次第。
なんだかんだいって、カラコレはダヴィンチが便利なんだなぁと、改めて。
ダヴィンチは、インストールはしてあるんですけど(無料版)、まだちゃんと勉強できてないデス、、。

あぁ、、あれもやらねば、これもやらねば、、という事ばかりが溜まっていく、、。
1つずつ、1つずつ。(´Д`)

*

その後は、百観音明治寺での献灯会に。(写真は献灯会で行われているガムラン演奏と影芝居)
有名な行事だそうですが、動画撮影の練習に。

今回の自主課題は、一眼デジ(EOS-R)を手持ち撮影、それと、オスモポケット、
その2つで素材撮影をして、編集までやってみるということにしました。
3分くらいの映像に仕上げてみる予定。

この行事、たまたま中野区のフェイスブックの投稿で知って行こうと思ったんですけど。
180体の観音像が無数の灯明で照らされている様子は引きこまれますね。。

広場での8ミリフィルムでの映画(?)上映や、ガムラン演奏での影芝居等々、
いっときの不思議な場でした。

f0002998_21110447.jpg




by m_sakamaki | 2019-07-28 21:29 | 動画 | Comments(0)

XF400のバッテリーを追加しました。


今日は、事務所で撮影データの処理作業など。

*

f0002998_20182585.jpg

f0002998_20182863.jpg

注文してたXF400のバッテリーが届きました。
とりあえずこれでXF400で使えるバッテリーは2つ。
基本的にはACで使うことが多いんですけど、やっぱりバッテリーがいくつか必要だなと思って、少しずつ追加で買っていきます。

サブのカメラとして使ってるHF-G10とかとバッテリーの形は同じだけど型番が違うので、今までのも含めて改めてラベルを貼って型番と番号を記入。

*

最近、時間があればXF400でのスナップ動画撮りの練習をしてます。

各ダイアルを、どういう時にどういう風に割り当てて、
どういうポジション(特に手持ち)で撮影するのがスムーズに対応できるか、ということで、試行錯誤などなど。
だいぶ、固まってきました。

スチルだと、シャッターを押す瞬間だけカメラが止まってればいいですけど、
動画はカメラを回しながら露出とかズーミングとかのカメラコントロールをすることも多いので、
いろいろ悩ましいですよね~、。
特に手持ちで撮ってる時は、持ち替えたりする時に画面が不安定になったりするし。

*

今のところ、普段の撮影はマニュアル露出で、ズーム/フォーカスリング脇のカスタムダイアルには、ゲインを割り当ててゲインで露出コントロールするのが一番楽な気がしてます、。(ズーム/フォーカスリングは普段はズーム設定で。右手はハンドル上部のスローズームを。)

一眼の、EOS-Rの動画撮影の時は、基本マニュアル露出で、現場の光の具合によってゲインオート+露出補正か、絞りでの露出コントロールか、を選択してます。
本当はレンズアダプターのコントロールリングにゲインが割り当てられたら嬉しいんだけどな、。(シャッタースピードか絞りか露出補正しか割り当てられない。)
NDフィルター内蔵のレンズアダプターを方を買えばいいのかもしれんけど。

f0002998_20181142.jpg

f0002998_20181262.jpg



by m_sakamaki | 2019-07-09 20:46 | 動画 | Comments(0)

ソニーのECM-AW4。

f0002998_20134075.jpg

ちょっと今後、仕事で必要になりそうなマイクを物色してまして。

ガンマイクも、今のNTG2より少し良いNTG4+にしようか、とか、
NTG4+とMKE600って、どっちがいいのかなぁ、とか、
RODEのF1-SPはどうかなぁ(マイクカプセルはH6と共有できるし)、とか、
B帯ワイヤレスのチャンネルスキャンできるのがやっぱ必要だな、とか、
2.4G帯のワイヤレスの方がいいかなぁ、とか。

そんなこんなで、いろいろレビュー動画とか見て音を聴きまくっていたんですけど。

レビュー動画にふと出てきて、
ずいぶん前に購入して全く使っていなかったソニーのECM-AW4。
これ、実は、意外にいいのでは、と機材の箱から掘り起こしてきました。。。

*

このワイヤレスは、「これからはスチルカメラマンも動画の勉強しなきゃね、。」と動画の勉強をやりはじめて、
機材を手の届きそうなところから少しずつ買ってたころに、購入したものでした。
動画について、もう全く、右も左もわからなかった、何年か前、、、の話。(´д`)

で、届いてみて、実際にやってみたら、かなりレイテンシー(遅延)が大きくて。(ブルートゥースです。)
映像と音が少しズレてる、。

当時、動画の編集とか、音声のこととか、全く判ってない状況だったので。
「え゛~、、、こんなに遅延があってはとても使えないよね、、、、。何してるかわからないくらい遠くの人撮るんだったらいいかもしれんけど。」
と、思って。
そのままお蔵入りにしてしまったのでございました。。。

ただ、これは1対1のトランシーバーとしても使えるので。(双方向で会話ができます。)
スチルの仕事で遠くのアシスタントの人と話するようなことがあったら使うかも、ととりあえず持っていた次第。(売ったところで二束三文だし。)

*

で、今は、普通に動画の編集のことも判るようになって、音声のズレを直すのも簡単にできるし。
改めてこのECM-AW4を見てみると、特に問題になるのは遅延だけで、
セッティングを大げさにしたくない路上インタビュー撮影とかでは非常に使いやすそうで。

もともと、今日マイクを物色してた直接の理由が、
屋外でいろんな人にインタビューするようなシチュエーションの動画仕事が入るかも、ということで。

自分1人のワンマンでオペレーションする場合、カメラ直づけのガンマイクで拾っていくか、
でも環境音はできるだけ抑えたいっていうクライアントもいるから、ワイヤレスのラベリアマイク(いわゆるピンマイク)で拾うか、
今後の自分の機材を揃えて行く方向との優先度・兼ね合いも含めて悩んでたんですけど。

これだと、普通のがっつりしたワイヤレスのラベリアマイクよりも気軽に相手につけてもらえそうだし。
いいんじゃない?と。

ただ、自分で音ズレを直して納品する場合はいいけど、映像を撮って出しの生データで渡す仕事の場合は嫌がられるかな。(先方に余計な手間がかかるし。)

とりあえず、新しくワイヤレスマイクはしっかりしたのを何か買わないとダメではあるけど、、いざという時のサブとしてもアリかな、と思った次第。

*

ついでに、「そういえば、二胡楽団でのK先生が楽団練習で使うマイク(拡声用)が欲しい」といってた話があって。
この手軽なサイズで、もし使えたらすごくいいんじゃね、、、(しかも安いし)、、と思って、
どんな感じになるかなと、アンプにつないで自分でやってみたんですけど。

遅延が大きくて、自分の生声とスピーカーの声がズレて聞こえてしまい。
話しづらいし、聴きづらいし。
・・・・うーん、これは無いかも。w(^^;

f0002998_20132279.jpg

*


by m_sakamaki | 2018-04-29 21:00 | 動画 | Comments(0)

動画スナップ←香港旅行での自分への宿題。

f0002998_16330457.jpg

そういえば、今回の香港旅行。
メインの目的は、演奏会を聴きに行く、というところでしたけど。
自分への宿題をいくつか持って行きました。

その1つが、「動画スナップをしてくる」というもの。
旅行の間、動画撮影の勉強を兼ねて、最終的に香港で撮った動画を編集して1つの映像を作る・・・・・という、宿題を自分に課してました。

1回の撮影時間が5秒~60秒あたりまでで、写真の街撮りスナップをするように、動画でスナップ撮影をする、というもの。

結局3日間で撮った動画は112ファイル。
「まー、これは明らかに無い」と思ったものは、宿泊所で消してるので大体130ファイルくらい撮ってみました。

撮った動画、宿に帰って来てからとか、公園でへばって休んでる時とか、見ながら撮り方とかの反省をしてたんですけど。

カメラっていうのは、振ると、とたんに動画が説明的になるというか。
やっぱカメラは、動画でも「撮ろうと思った構図で固定」が基本で、カメラを動かす時は明確な意図がないと、ほんとにダメダメになるんだな、、ということは、とてもよく判りました。wwww(^^;
それ以外にもいろいろ。

そんなこんなで、3日間、いろいろ撮っては再生して、を繰り返したので、だいぶ、動画を撮る感じに慣れた気がします。

今週中には編集をして、3分程度の映像にしてみるつもり。

*

f0002998_16331647.jpg

by m_sakamaki | 2015-06-02 19:45 | 動画 | Comments(0)