東川。公開ポートフォリオオーディションの結果。

f0002998_09154061.jpg


6日から11日まで、北海道東川町のフォトフェスティバルに行っていました。
前回来たのは3年前(2012年)でした。

一昨年から開催時期が8月のお盆近くに移って、飛行機が高くなったりして来れてなかったんですけど。
今年は、赤レンガ公開ポートフォリオオーディションに応募してたし。

*

公開ポートフォリオオーディションは、
提出したブックによる事前審査があって20名に絞られて、
それが5名の審査員一人ひとりとの対面審査で5名に絞られ(1次審査)、
その選ばれた5名はプロジェクターで皆の前のプレゼンをしてグランプリ等が決まる(2次審査)、というもの。

自分は事前審査は通って1次審査を受けたのですが、
結果から言うと5名には残らず。

ちょっと残念といえば残念だったのですが、
対面審査の際の話の中でいろいろ理解して得たものもあるし。

あと、2次審査のプレゼンを聞きながら、ちょっと自分の、このオーディションへの参加のモチベーションは、このオーディションの趣旨とズレてたかも、、とふと。w(^^;

私のは、プレゼンというよりも「写真お悩み相談」みたくなってた気がする。。。

*

今回、写真の個展をどこかで開こうと思っていて、もしここで通ればな~、というのがあって応募したんですけど、
落ちてしまったので、どこかのギャラリー審査に応募します。

点数的に最低30点以上の写真点数で展示できるところでやりたくて、
ニコンかコニカあたりにとりあえず応募しようかと。

とりあえず、昨年から自分の写真が急にまとまりかかってきたところなので。
今のタイミングで1度個展をしてまとめてみると、今後自分がやっていくべき作業とか方向が見えてくる気がするので、どうしても写真展をやらないといけないと思うのですよね。。

*

写真展は、写真をまとめなおす作業と、展示にかかる費用の準備に目途が立ったら応募しますが、
それまでにやることは、写真のセレクト作業の中で、徹底的にマイナス要素を潰していくこと。

今回特に理解したことの1つは、その作業の甘さが写真を見せた時に感じられる「詰めの甘さ」につながっているということでした。

目標は今年中に応募して来年写真展をするというところで。

*




[PR]

by m_sakamaki | 2015-08-12 09:43 | 写真 | Comments(0)