カラーとモノクロ。

f0002998_14265785.jpg

先日のグループ展。
自分はカラーの写真を出しました。
ここ数年、色の情報が情報過多のように感じて、モノクロばっかりやってたんですけど。
ここに来て、モノクロのモノクロっぽさが鼻につくようになって、カラーにも戻りつつあります。。

ここ数年撮ってる「Dim Sight」の写真は、モノクロでまとめるつもりですけど。
なんとなくやってる「日々に潜む」シリーズはカラーに戻そうかなっていう気になってます。

モノクロかカラーかどちらで、っていうのは、
時々質問で聞かれたりすることありますけど。
個人的な考えとしては、自分がモノクロの眼で対象と向き合ってるんならモノクロ。
カラーの眼で向き合ってるんならカラー、だと思ってます。

それは、レンズの選択とかも同じで。
広角の眼で見てるんなら広角。
45ミリの眼で見てるんなら45ミリレンズ。
500ミリの眼で見てるんなら500ミリレンズ。
その辺はズームレンズの使い方なんかとも同じで。

対象をどう撮るか、でモノクロとかカラーとか、レンズの選択をするっていうのではなく、
自分がどの眼で対象と向き合っているか、を意識すべきと思ってます。

まぁ、これはあくまでもプライベートの、私の写真についての考え方で。
仕事の写真の時は、根本的にその辺の考え方も切り替えたりするわけですけど。

この辺についてはいろんな考え方もあると思いますが、
どちらが良い悪いっていう話ではなく、考え方の引き出しのひとつ、という理解をしてもらえれば。
時々その辺、変な議論になったりしますけど。
議論で相手の考えを否定しても、それが別に意味のあることとも思えないので。

自分は、カラーとモノクロの間のところで、たぶん対象と向き合ってます。
なので、どちらかに立ち位置が偏りすぎると、それが自分に鼻についてきちゃう気がしてたりします。

この間のグループ展で、自分の展示を久しぶりにカラーでやってみて、「あぁ、、、なるほど。。」と思ったのと、
映像をモノクロで作ったら、妙に情緒的になって、「これはカラーでやるべきではなかったか。。」と思ったのと。

とりあえず、そんなこんなで、今後、ぼちぼちカラー写真も復活する予定。。

モノクロ → カラー → モノクロ → カラー、と、今まで来てるので。
見る眼が、単に定期的に変化してるのかもしれません。。


[PR]

by m_sakamaki | 2016-09-29 14:55 | 写真 | Comments(0)

ヒガンバナを観にいってきました。

f0002998_17114652.jpg

ヒガンバナを観に、巾着田に行ってきました。
先日、仕事で練馬方面に行った際に、ポスターで彼岸花を見て。
なんとなく気になってて。
昨日、「明日、ヒガンバナを観にいこう。」と思い立ち。

練馬まで自転車で行って、そこから西武線。

*

平日だから、そんなに人は居ないだろう、と思ってたんですけど。
甘かったです。
駅から沢山の人が巾着田に向かって途切れない集団がゾロゾロゾロ。

平日の昼間なのに! みんな暇なんか、、と思わず。(← そう言うお前モナ~ってとこですが。w)

駅からの道が調べてなかったんですけど、ツアー集団のようなその後ろを着いていったらそのまま目的地に着きました。

道中、ところどころに野菜とかお土産を売ってる観光的ポイントがあって。
それもツアー集団的な空気をかもし出してました。(w)

*

天気予報では、今日は晴れ間かなって思ってたんですけど。
どんより曇って、パラパラ雨模様。

ヒガンバナは、かなり散ってて。
6割くらいはもう散ってました。
観に来てた他のお客さんも、「こりゃ、今週いっぱいかな。」と。

*

今週から、週に1日は、意識して遠出しようかと思ってます。
カメラを持って外へ出る、っていうのは、いろんな意味でやっぱり、写真を撮る原点だよなぁ、と改めて思ったこともあり。

*

f0002998_17114713.jpg

[PR]

by m_sakamaki | 2016-09-28 17:27 | 写真 | Comments(0)

グループ展、雑感。(少し長文)

f0002998_17553416.jpg



9月15日~20日にやったグループ写真展のことを少し。

今回のグループ展は、定期的に新宿西口の「居酒屋かあさん」にて集まって写真談義する飲み仲間の中での、有志によるものでした。
「シャシンカイギ」と称して集まってましたんで、今回の写真展もタイトルはそのまま。

その集まりも、自分の中では3~4年って感覚だったんですけど、聞いたらもう10年近かったみたいで。
う~ん、、歳をとったせいなのか、10年前のことも、まだ最近のように感じちゃってんですかねー。

やばい。

*

9月は何かと忙しくて、(仕事以外のことでw)
本当に気持ちに余裕はなかったんですけど。

一応、今回、写真展の提案をした手前もあり、自分が全体のとりまとめをしてたんですが。
写真展は、今までずっとやってきてることなので、それほど大変というわけでもなく。

1人の展示スペースは壁一面だけなので。
展示の写真の準備といっても、個展やる時ほど労力がかかるわけでもないし。
参加メンバーも、展示とか、わかってる人も多かったので、気楽といえば気楽でした。

*

今回やってみて、率直な感想としましては「やって良かったな~」と思いました。

この7~8年、自分はちゃんとしたギャラリーで写真を展示するっていうこと、してなくて。
毎年の神田珈琲店の展示はしてますが、あれは、どちらかというと、不特定多数の人の行き交う空間での展示、で、
ギャラリーで自分の展示写真と向き合うみたいな感覚とは全然ちがうんですよね。。

で、搬入して、とりあえず、展示した空間に佇んでみると、
「・・・・あぁ、、、やっぱ、こういう場を作るっていうのは、、必要だわ。。。」と。
再認識して、思わず呟いてしまい。

やっぱり、1年に1回、少なくとも2年に1回は、ちゃんと展示をして、自分が自分の写真とゆっくり向き合う場を設けないと、、
いけないなぁ、、、と、今回、しみじみと思いました。

観に来てくださったM先生とも話してたんですけど。
次やる個展は30~40枚くらいで写真まとめたいと思ってて。

まとまったらギャラリー決めようとかって思ってましたけど。
まとまったら、って思ってると、何時までたってもまとまらないので。
ある程度まとまった時点で、写真展を、「えいやっ」って決めちゃおう、と。
決心をした次第です。

今年中には、本当に、本気で写真まとめますので。(w)

*

あと、もう1つ、今回のグループ展で良かったのは、
今回のグループ展の趣旨は、展示を見せる、というよりも、写真の話をする場を設けよう、っていうところにあって。
それで、展示の会場も、展示スペースと、雑談スペースと、展示会場でウダウダ飲みながら写真の話ができるように、っていう目線で決めてて。
ブックとか映像とか、展示以外のものも準備して。

今回、実際にやってみて、その趣旨に非常に沿った形になったといいますか。
ギャラリーの方も柔軟に対応してくださって。
20時終了のところが、21時まで飲みながらギャラリーで話してるという日も何日かあったり。
普段の、居酒屋でのシャシンカイギが、そのままギャラリーに移動したような。

そういうのは、参加者と来場者との関わる感じでも随分変わってくるところですけど、
今回、やっぱり、趣旨を皆がよく理解してたから、いい感じになったんじゃないかな、という気もしてます。

あと、準備も片付けも、会期中の諸々も、すごく順調、スムーズで。

撤収を完了したときに、「こんなに最初から最後まで順調にきっちり、しかもいい感じで出来るとは。。」と、思わず感動してしまったほど。
「いい感じ」なグループ展でした。

*




[PR]

by m_sakamaki | 2016-09-27 18:38 | 写真 | Comments(0)

いろいろ、無事終了しました。。

f0002998_15502037.jpg

二胡教室の発表会から帰着。
あまりに疲れ果てたのと、ホッとしたのとで、帰って服を脱いだあたりで眠ってしまったらしく。
気がついたらパンツ1丁の裸で床で寝てました。
目が覚めたのは午前3時すぎ。

*

とりあえず、いろいろいろいろあった数ヶ月、ドトーの9月が無事に終わり。
本当に、心底ホッとしてます。

この数ヶ月、気持ち的にそれどころではなくて、まともに二胡の練習もしてなかったので。
今日からまた、基礎練習復活。
楽団の方の曲と、来年の二胡検定に向けての曲練習も今日から復活。

6月くらいから行けてない金先生の二胡レッスンも、10月最初は厳しいけど、11月からは復活できるように、
まずは連絡しないと。
これだけ音沙汰ないと、金先生には 「もう彼はレッスンを辞めたのかな」 と思われてるような。。(--;
(連絡する余裕がないだけで、そういうわけではないのですー。泣。)

11月くらいから、オープンマイクへの二胡での参加も復活します。

二胡弾かないとぅ、への参加も11月くらいから積極的に復活予定。

いちおう、そういうことで~。

*

9月は、写真談義する飲み仲間でのグループ展もありました。
写真はその時の様子、とか。

これはまた別投稿でアップいたします。

f0002998_15494790.jpg
f0002998_15494664.jpg
f0002998_15494545.jpg
f0002998_15494550.jpg


[PR]

by m_sakamaki | 2016-09-26 15:53 | 日常 | Comments(0)

米を煮る。

f0002998_23301273.jpg

1週間ほど前に、炊飯器が逝きました。
もともと、そろそろヤバイな、とは思ってたんです。

保温状態になってる時に、エラーが出るようになって、どうも温度が上がりすぎてエラーになってるようで。
で、保温はちょっと危ないかな、と思って炊飯専用にしてたんですけど。

その炊飯も、炊飯し始めてしばらくでエラーになってしまうようになったのが、約1週間ほど前。

*

炊飯器を買うか、、また、以前のように鍋でご飯を炊くか、、。(鍋といっても専用のご飯鍋ですけど。)

鍋の方が洗うのとかは、楽なんですよね。
ただ、鍋で炊くと、グツグツ吹いた泡の飛沫で鍋の周りが結構汚れるというか、、。

うーん、、それはちょっと面倒だなぁ、、、と思って。

一週間前から、普通に鍋で米を煮ることにしました。
煮てザルに上げる米の食べ方もあると聞きますが、私の場合は、面倒なのでそのままお粥コース。

*

で、やってみると、「あ、これでいいじゃん、、」という感じ。
一晩吸水させてた玄米を、そのまま鍋に入れて5分くらい煮て、しばらくそのまま放っておくと、
お茶漬けのご飯くらいの感じになります。(さらに放っておくと、どんどんふやけてくるので完全にお粥コースですけど。)
普通のご飯の食感を求めなければ、普通に美味しい。

5分煮るだけで食べられるんだったら、電気代とかガス代もかからないし。
それに、超楽だ!

しばらくは(飽きるまでは)この感じでいいかな、と思ってます。。

*



[PR]

by m_sakamaki | 2016-09-12 23:53 | 日常 | Comments(0)

もうすぐグループ展。

f0002998_23040995.jpg

めちゃめちゃ疲れてます。
ちょっと気を抜くと思考停止してて、「さかまきさん、魂抜けてるよ。」と言われたりしてます。
今月一杯、頑張れば、いろいろ復活できると思います。
今月は余裕が無さ過ぎて、お誘いを断りまくりで、、ほんとごめんなさい。。

*

15日からのグループ展(https://www.facebook.com/events/694284270710164/)の準備は、順調に進んでます。
展示のパネルは完成しました。
雑談部屋で流す、3分動画っていうのも完成。

*

3分動画っていうのは、以前、写真学校生であったころ、、かれこれ、、20年近く前ですが。
河口湖の美術館で、木村伊兵衛賞の20周年の記念展示があって。
そこには歴代の木村伊兵衛賞の受賞者の展示が並んでたんですけど。

その展示の入り口に、小さいブラウン管テレビがあって。
そこには、受賞者が1人3分(だったと思う)で自由に作った映像がひたすら流れてて。

カメラに向かってポーズをとって写真について語る方あり、
廃村を写真を撒きながら歩く方あり、
遊園地のコーヒーカップでクルクル回りながら自撮りする方あり、
ただ、風景を撮ってる方あり、
雑踏をカメラをブラブラさせて歩く方あり。

その時は、写真学校同級生のN氏とS氏と私の3人で行ったと記憶してるんですけど。
その映像が、受賞者の方々の、人柄と作品とにものすごくリンクしてて、あまりに面白くて。
われわれの他に誰もいないフロアで、爆笑しながら見てたら、
美術館の方がそんなに熱心に映像を見てる人が珍しかったようで。(w)
もの珍しそうに様子を見に来て。
「これ使いなさい。」って3人が座れるベンチを持ってきてくださったり。w

*

その時のことをふと思い出して。
今回、1人3分でフリーテーマで何か動画を作ってきて、ひたすら流す、っていう提案をしたんです。

それが3分動画。

*

あと、雑談部屋(ギャラリーは3部屋あって、手前と奥が展示で、真ん中の部屋が雑談部屋なのです。)には、
ブックとかを置いて自由に見られるようにするので。

今回、自分は、仕事のブックも置きますけど。
それ以外に、過去に写真展やってきた中で、「家」についての写真を1つのブックにまとめてみよう、と思ってて。
過去4回分の写真展のものからチョイスして『家の記憶』というタイトルで1冊にまとめています。

上の写真は、最初の、シノゴで家を撮ってた写真。
プリントと、ファイリングまでは終了。

テキストを入れようと思うので、それはこれから。
なんだかんだで、グループ展、結構面白くなりそうです。

*


[PR]

by m_sakamaki | 2016-09-09 23:29 | 写真 | Comments(0)