自分に厳しく、というところで。

f0002998_21133684.jpg

ブラ撮りしながらギャラリーめぐり。
エプサイト~蒼穹舎~プレイスM~ルーニー~トーテムポール~サードディレクト。
エプサイトのはセレクト展みたいな感じだったので、あれでしたけど。
それ以外の展示はどこも見応えのある強い展示ばかりでした。

*

仕事がかなり暇なので、毎日何時間かブラ撮りで街歩きをしてるんですけど。
だいぶ反応も戻ってきて、ほぼ完全復活な感じがしてます。

*

ここ数日、改めて、写真のオリジナリティについて考えるんですけど。

自分自身はコンセプトから始まる写真作業っていうのが正直好きではなくて。
(他人がやってるのは、別にいいんですけど。)

でも、写りこんでくるものからセレクトしていく場合、
その精度をあげていくしかないね、と改めて感じているところ。

「なんとなく入れてしまう」「これもありかな」っていうのを徹底的に排除していって、
自分に厳しく(w)、純度をあげていくことによってしか、写真のオリジナリティっていうのは、表に出てはこない、、よね、と。
やっぱ。(^^;

*



[PR]

by m_sakamaki | 2014-07-30 21:38 | 写真 | Comments(0)

ネットがつながらず。

f0002998_22512951.jpg

一昨日の深夜から急にネットがつながらなくなって。
どうもルーターが、10分ごとにオレンジ色に全点灯してて、再起動を繰り返している模様。
それでも、最初は10分間はネットにつながってたんですけど。(再起動のときに落ちるけど。)
一度、PCを再起動した時点から一切ネットに繋がらなくなってしまい。

クライアントの1つが、ネットでの請求システムで請求をしてるので。
「あ~、こりゃ、今月の請求も、、来月に回すしかないかなぁ~、。」とか。
でも、ネット使えないといろいろ困るので。
明け方までいろいろあーだこーだと試してたんですけど。
スマホでネット検索しながら。

とうとう、「無理っ!」と朝になってからNTT東日本の故障受付に電話しました。
サポート受付は男性。
あれやこれやと状況をお話して、どうも、ルーターの故障の疑いが強いということで。
新しい機器を送ってもらうことに。(ルーターはレンタルしてる)

*

今日になって、機器が届いて、やってみたけど駄目。
PCの方の問題かも、とPCを変えてやってみたり、
ケーブルの問題かも、とケーブルを交換してみたりしたけど、やっぱ駄目。

おてあげだー、、、とまたサポートに電話。
今日のサポート受付も男性。昨日とは別の方。(でも雰囲気は似てる。w)

状況説明して、サポートの方から設定についてのいろいろアドバイスをもらいつつ設定をし直したら、無事にネット復活!!!
やったー!!!!

*

ネットの無い生活っていうのも、いいんですけどね。
困ることも多いので、とりあえず一安心。

*

それにしても、今回、初日の方も、今日の方も、NTT東日本のサポートの方が非常に丁寧でしっかりしてて。
素晴らしい。
パソコン勉強しはじめた頃(15年ちょっと前)によくPC関係のサポートに電話したことあったんだけど、
サポートに良いイメージって全く無くて、電話するだけ無駄っていうイメージすらあったので。

NTT東日本の印象が一気にあがりました。

やっぱ、ですね。
お客さんと直接接する現場の方っていうのは、企業の顔レベルに大事だと思うんですよね。ほんと。

*

これ1つで相当時間とられたけど、まずはメデタシメデタシ、てとこ。

*





[PR]

by m_sakamaki | 2014-07-29 19:35 | 日常 | Comments(0)

足場、撤去されました。

f0002998_22532895.jpg

アパートを覆っていた足場が取り外されました。
足場があるときは、洗濯物を足場にひっかけて乾かしたり。(ただし夜に限る)

知らない人がベランダや窓のところでゴソゴソしてても、
自分はあんまり気にしない方ではあると思うのですけど。

それでもいちおう、それなりには気も遣うもので。
作業に気を遣わなくてもよくなった、っていうのは、正直、ありがたいです。(^^;

足場とネットに囲まれたアパートの部屋は、秘密基地みたいで、それはそれで好きだったんですけどね~。w

*

中国では、LINEが使えなくなってるようで。
ときどき二胡の個人レッスンで見ていただいてた先生とは、LINEでやりとりしてたんですけど。
「可能でしたら微信アプリをダウンロードお願いします」とのこと。

微信かぁ、、、、っていうのもあるし、
そもそも、私のスマホは3年前ので、本体のメモリーがいろいろ足らないみたいで、既存アプリのアップデートもできない状態。(容量が足りません、の表示がでちゃう。アプリをいくつか削除すると復活。)

うーん、、、。(--;

*




[PR]

by m_sakamaki | 2014-07-27 23:06 | 日常 | Comments(0)

傍観者。

f0002998_21142311.jpg


この土日から、夏祭りやら花火大会やら、いたるところで行われてますね。
中野区でも、小さな町ごとにお祭りとかがあって。
住宅街の中にある公園で、花火大会とか盆踊りとか。
地域の人たちが集まってワイワイやってるのを見ているのは、なんだかとても和みます。

*

自分は、大学から地元を離れて。
その後は約30年弱、転々として、あんまりその土地との関わりっていうのを、全くと言っていいくらい持っていなくて。
根無し草というか、傍観者というか、ふとそんな感じを自分に感じてしまったりします。
それは、決してポジティブなものではなく、どちらかというとコンプレックスに近いもので。

同じことは、自分の血のつながり(家族や親戚の関係など)についても、ほとんど同じ感覚を持っていたり。

もっともそんなものは、言ってしまえば、単にコミュニティに対しての、コミュニケーションの心がけの問題でもあり、ある意味好んでそういう形を選んできている部分もあるので、
だからどうこうという訳では全くないのでありますが。

*

しかし、夏は、殊更そんなことを強く感じてしまいます。
夏休みで子供達が家に居て、祭りとかの地域の活動が活発になるせいかもしれません。

*




[PR]

by m_sakamaki | 2014-07-26 21:15 | 日常 | Comments(2)

写真整理。

f0002998_22315176.jpg


今までほとんどOFFになってた写真スイッチが、急にONに入ってしまいました。笑。
なんでかは、よくわかりません、。(ノ゚ο゚)ノ

で、写真を少しずつまとめる作業も始めました。

*

撮ったまま、未現像のフィルム、っていうのが、、、実はまだ山ほど(・・もう腐ってんじゃないかってくらい - -; )あって。
それらは、おいおい現像しようと思ってんですけど。

少し前から、デジタルで撮るようになって。(なぜか急にプライベート写真でのデジタル拒否感が無くなったのです。フィルムでも変わらず撮りますけど。)
デジタルの写真は、整理するのも、フィルムに比べると早いので。
とりあえずはそちらから。

今一度、写真の整理のルール決めをして、
とりあえず、今目の前にある写真の整理。
それから、過去の写真もそのルールでボチボチ整理し直しを。

*

いちおう、こんな感じの整理のワークフローにしてみました。

撮影 → 日付+ナンバーでナンバリング → 日付ごとにコンタクトプリント作成
→ コンタクトから気になるカットをチョイス → 2Lサイズでプリント 
→ プリントの裏にカットナンバーを記入して、2Lのプリントからオリジナルデータを探せるようにする。

*

上記のは、だいぶ前に、フィルムの時に一度やってみてたんですけど。

フィルムの場合、フィルムをスキャニング→2Lサイズでプリント、というのが加わって。
これが、とにかく大変で、、全く消化しきれずにグダグダになった、という経緯があります。

その点、デジタルでは、セレクトも整理も簡単で。
この3日、その日のうちに、その日の撮影データ(多くて60~70カットくらい)をプリントまで落とし込むようにしてみたんですけど、
デジタルだったら出来そうな手応えが。ヽ(`◇´

3日坊主になりませんように!

*





[PR]

by m_sakamaki | 2014-07-25 22:54 | 写真 | Comments(0)

そろそろ上海の検定ツアーとか。

f0002998_22495985.jpg


やっとスイッチが入りました。
写真をまとめます。

とはいえ、ちゃんとした写真展となると、とにかく金もかかるので。
ま~、その辺の問題もあるわけですが。(--;

*

今年も東川フォトフェスティバル、結局、行けず、、。
来年もやっぱり日程的にはお盆かなぁ、、、、。
来年はどうしても行きたい。

*

9月の、上海の二胡検定のツアーの話がそろそろ具体化してきました。
同じクラスの、中国に以前住んでてとても詳しい人がツアーを組んでくださってます。

今年は、9月20日が試験日なので、9月19日に出発して21日に帰ってくる感じ。
・・・ということは、上海で丸1日自由な日っていうのは無いわけで。

今回、行けたら、上海の知り合いのところとかに、ちょっと顔を出せたら、、って思ってたんですけど、余程運よくいかないと、無理かなぁ~、、て。
ちょっと思ってるところ。

ちなみに、今年は、昨年、帰国時に楽器の事でモメた上海の浦東空港は使わないということにして、羽田~上海虹橋空港の予定。

*

それにしても、今日は雷、すごかったですねー。
事務所のブレーカーが落ちまくりで、
雷もぜんぜん止まない(っていうか、一度落ち着いてもまたゴロゴロしはじめる)ので、
作業が全然進まなくて、あぁぁぁぁ、って思ってましたよ。

*




[PR]

by m_sakamaki | 2014-07-24 23:09 | 二胡 | Comments(0)

音色うんぬん。

f0002998_00042002.jpg

梅雨が明けたそうですね。
やったー。

*

昔は梅雨が明けたら、暑中見舞いとか書いてたんですが、、
最近はすっかりモノグサになってしまい、年賀状すら書いていないという、、、。(--;
ごめんなさい。

*

時々、ピアノのライブを聞きに行くお店では、ベーゼンドルファーというメーカーのピアノが置いてあります。
私はピアノのことには詳しくないし、弾き比べたこともないので。
スタンウェイやらヤマハやらとの違いっていうのは全く判りません。

ただ、同じピアニストの方が、別のところでやった演奏も何度か聴いてるので、
こちらのベーゼンドルファーのお店の音は、とても空気感がある(&お酒飲みながら聴いてるととても気持ちいい)っていう印象はあるんですけど。
ぶっちゃけ、それがピアノの違いの問題なのか、お店の音響的な問題なのか、私には判断がつきません。(^^;
とりあえず、ここのピアノライブはとても好き。(ピアニストによるかもしれませんけど。)

*

そういえば、二胡を始めてから、ちょっと不思議に思ってることで。
どういう楽器を選ぶかっていう話について、「二胡本来の音色」っていうフレーズをよく耳にして、それを基準に(?)、蘇州式の二胡以外はダメみたいな話まで時々聞いたりするんですけど。(別に何か明快なダメな理由があるのなら、教えていただきたいところです。)

正直、あれはよく判らん議論だなと、いつも思ってたりします。
そんなん、単に各人の好みの問題だろ、と。

もし、二胡本来の音うんぬんを問題にするのなら、弦は絹弦であるべきなんじゃないの、と思ったりもするわけなんですけどね。

*

あー、これから暑くなりそうなので、梅干麦茶を作らねば~、です。

*






[PR]

by m_sakamaki | 2014-07-23 00:34 | 二胡 | Comments(0)

キャンプから帰りました。

f0002998_22253747.jpg


金曜から今日(日曜)まで、丹沢の山奥でバングラケのセレモニーキャンプに参加をしてました。
秦野の駅から平日には1日2本しかないバスで終点まで行って。
そこから更に車に迎えに来てもらって20分近く。
携帯の電波も全く入らず、。(^^;

*

セレモニーキャンプというのは初めて参加したのですけど、
普段のようにアフリカンのドラムとダンスのクラスもあるのですが、夜は火を囲んで、グリオのセレモニーがありました。

金曜と土曜は雨が降ってましたけど、夜のセレモニーの時は2日とも、一時的に雨もあがって、外で行うことも出来て。

太鼓関係は、昨年から基本的にお休み中の自分なのですが、
このキャンプの話を聞いた時に、もともと自分がジェンベに魅かれて始めた、その根っこのところにリンクしている気がして。
今回は、仕事の依頼も断って参加をさせて頂くことにした次第。

*

セレモニーについての、詳しいところは、自分もきちんと説明できるほど理解できているかというのが、ちょっと微妙で、、言葉に落としこむのが難しいのですが。

率直な感想を書けば、セレモニー、音楽、太鼓、歌、ダンス、の向かう先は『癒し』なんだろうなぁ、と。
少なくとも今回のキャンプのベクトルは全てがそちらに向いていた気がします。

(追記:『癒し』と書きましたが、読み返してみると、その言葉で正確には表現できているという気は、ちょっとしなくて。状態が変化していくための『扉』、という方が正しいのかも、。
良くない状態が好ましい状態に変化していく場合には、そのプロセスを『癒し』と表現してよい気がします。)

*

・・・とはいえ、ドラムクラスの長いブレイク(曲はディボンでした)を覚えるのが大変~とか、ww
久しぶりに思いっきり叩き続けて、手、痛いョ、、、とか、っていうのは、まあ、普通のアフリカンのキャンプと同じく、ありましたね。(^^;

何年かぶりに、ダンスクラスにも参加させていただきましたけど、
1時間半×3クラスだけだったんですが、
すでに足腰が筋肉痛で、ヤバイことになってます、、、、。笑。

でもダンスは楽しいですね。

*

バングラケ。
キャンプを催してくださった大久保さん他スタッフの方々、青山荘の皆様。
それと、参加者の皆様。
今回は、本当にありがとうございました。

*






[PR]

by m_sakamaki | 2014-07-20 23:04 | ジェンベ | Comments(0)

評価軸。

f0002998_23405603.jpg


今、ウチのアパート、外壁工事してんですけど。
たぶん、塗装のために、窓とかが養生シート(薄い半透明のビニール)で塞がれてます。
私の部屋はクーラー無し。
普段は窓を開けると風が入ってくるので過ごせるのですけど、塞がれてると暑さでマジでヤバイです。(夜になっても40度近い。)(^^;

仕方ないので、養生シート、勝手にハサミ切らせていただいて、風を取り込む算段など。
作業が始まるまでにガムテープでくっつけておけばいいだろ、と。w

*

評価基準をどこに置くか、という事を最近また、よく考えます。
これは写真でも音楽でも。
自分なりには、今までに、写真制作ということに関して、嫌というほど考えて、自分なりに結論は出ちゃっているんですけど。

他人の言うことは、褒められるにしても、批判されるにしても、
結局、他人の一意見であって、ひとつの見え方として自分の中に置いておいて。
最終的には、自分で自分の行為や制作物をどう評価するか、っていうあたりであろうと思ってます。

なので、他人の意見は、参考にはするけれども、それ以上でもそれ以下でもなく。

でも、他人に意見される場に、写真を展示したり、あるいは演奏をしたり、というのは、自分自身が自分を少し離れた目で見ることができるので。
最終的に自分の感覚・自分自身の評価に従う、としても、人前に自分の行為をさらす、ということは、ものすごく意味のあることだとは、感じている次第、。

*

最近、ちょっとまた、この辺のことを改めて考えるのは、、
人前で演奏をした時に、人に褒められたらそれを自分にも評価すべき、という話がちょくちょく聞こえてくるような、、で。
それはそれで間違ってない、と思うのだけど。
全面的に正しいとも思えず。

もちろん、「良かった」という人の意見は、たぶんそれは事実なのだし、
それはそれで一つの良い意見として受け止めるべきと思うのだけど。

人間は、良い評価をされると、どうしてもそれを「当て力」にしようとする心が働くわけで。
それには良い面もあるけれども、過剰に働くと悪い面が大きいなぁ、、と、過去、(特に写真に関して)いろいろ思ったこともあり。

言われないだけで反対の評価をしている人もいるはずなので。

他人の意見にいちいち一喜一憂していては、、、。
最終的には、自分で自分のソレをどう評価するか、っていうところだよね、と。
できる限り自分を客観視する努力を怠らないようにしつつ。

*



[PR]

by m_sakamaki | 2014-07-14 00:16 | 日常 | Comments(0)

さいたま版二胡弾かないとぅ/黒檀二胡。

f0002998_00483998.jpg

埼玉版の「二胡弾かないとぅ」(https://www.facebook.com/events/1426142177671228/?ref_dashboard_filter=upcoming)から帰着。

今度の定期演奏会でのクラス曲。
譜面を1週間前にもらって、ほぼ暗譜もできるくらいには練習をしたので、一度人前で弾く練習をしようと思って、今日の会では伴奏音源と合わせて弾いてみたのだけど、、、、完全に撃沈、、。orz...

注意すべきところが転んだりして、悉く失敗、。・・・うー、、、。

*

まぁ、原因はハッキリしてるんですけど。

この曲を伴奏音源と合わせる一発目は、毎日の練習でも非常に失敗率が高いのですけど、
緊張して無駄に力が入ってるからです、。

なので、2回目を弾くと、ほぼほぼ失敗せずに弾けます。
くっそー。

月末に、ピアノの生伴奏で弾く会っていうのがあるので、そこで再チャレンジしてみようかな。
しかし、ピアノの伴奏譜がいるのか、。うーん、、。

個人的にはカラオケCDで弾くよりも、生の伴奏の方がはるかに弾きやすいです。
生の伴奏だと、目の前に奏者がいて(見えなくても空気で)とにかく呼吸が合わせやすいし。
カラオケだと、呼吸もなにも分からないので、もうタイミングを計るしかなく。w(^^;

リベンジしたい。

*

そういえば、少し前から、今まで弾きこみ期間として、練習にしか使っていなかった満氏作の黒檀二胡を実戦投入してます。
写真の二胡。
この二胡はものすごーく鳴るんです。
防音室で練習してると、二胡の音に反応して、バラフォン(アフリカ木琴)のヒョウタンの膜が共鳴して「ブーン」と鳴り始めるほど。
ただ、内弦の第2ポジ、Gの音がとにかく裏返りやすくて。
湿度が高い時は出ないんですけど、乾燥して皮の張りが強くなるとすぐ裏返る、っていう、、、。(^^;

これは徹底して弾きこむしかないなぁ、ということで、弦に二泉を張って、この1年ほどひたすら弾きこみに専念してたんですけど。
そろそろいいかな、と少し前に弦を戻して、いろいろな条件で弾いてチェックしてました。

今まであった裏返りはすっかり無くなった模様。(^^

*

音色はいつもの龍頭二胡の方が色気があって好きなんですけど、
こちらの二胡はとにかく気持ちよくまっすぐに鳴るので。(ここからもっと弾きこんだら色気が出てくるかも。)
マイクがない今日のような演奏の場ではこちらを使うことに。

しばらくはこちらの二胡をメインでいく感じかなぁ、と。
もうちょっとメインとして馴染むまでは。

*






[PR]

by m_sakamaki | 2014-07-13 01:16 | 二胡 | Comments(0)