頭を空っぽにする練習。

f0002998_4243343.jpg


夜、四谷のライブハウスで二胡のライブがあって。
1月25日を「いい二胡の日」ということで、二胡での演奏活動をしている3組(アカラさんと里地帰さんとLamu-aさん)のライブでした。
三者三様。
演奏もすごく良かったし、いろいろ勉強にもなりました。
二胡のライブ、どんどん聴きに行かないと駄目だなぁ。

*

ライブの後、神田でカメラマンの友人との飲みに合流。
友人2人は、神田珈琲園の展示を観た後、飲みに流れ、
それに合流した次第。

ガード下の居酒屋。
サラリーマンの黒い集団がごった返してて、とてもよかった。
黒い集団、。

*

そこで友人とも話してた中で、ふと自分の言葉に出てきたことで。

自分が音楽をやる一番の理由は写真のトレーニングとしてだ、って前々から言ってたんですが。
「要は頭を空っぽにするトレーニングなんです。」
・・・・っていうのは、まさに、そうかも、と、自分で言って思った。

そうそう。
ジンベ(アフリカの太鼓)を始めたのは、最初に触った時に、一番そのことにピンと来たからです。
余計なことを考えずに、音に没入できるかも。

写真で言えば、頭を空っぽにして、目の前の光景に没入してシャッターを切ること。

民族音楽のトランス感っていうのは、まさにうってつけでもあり。

それに関して、じゃあ、結果的にどうであったか、っていうのは、
太鼓は始めて、かれこれ10年近く経ちますが。
ある程度、その感覚は掴めてる感じ、かなぁ。

「普段の感覚」から「没入する感覚」への切り替えは、コツがつかめて、すごく早くなりました。
写真を撮る時も。
調子の良い・悪いっていうのはありますが。

これは、ライブとか人前で演奏する機会が増えて、短時間で自分の世界に集中するコツをなんとなく掴んだからっていうのもある気がする、。

で、プライベートのスナップもそうなんですが、
意外に、仕事の撮影の方に役立ってます、。(笑)

自分が音楽やることの意味はそれ意外にもいろいろ感じているんですが、
ひとつの事柄として。

*
[PR]

by m_sakamaki | 2013-01-26 04:52 | 写真 | Comments(2)

売らない写真。

f0002998_3255674.jpg


先月、精神障害の方々のデイケア、絵画(立体)展の図録のために、
選出された作品の撮影をしていました。

少し前にその作品展も観にいったのですが、
突き抜けた感のある、素晴らしい作品が多く。

「この作家の方々は、作品を売ったりはしてるんですか?
これ、買いたいって人はいるでしょう。」
「いえ、みんなには売らないように言ってるんです。」
「えっ、そうなんですか。」
「買いたいっていう話はあったりもするんですけど。
売ることを考え始めると、どうしても作品がそういう方向にいっちゃうので。」
「なるほど、、。でも、それは、すごくよく分かります。」
「ここで絵を描くのは治療の一環なので、、。」

*

彼らの作品には、自分、とても共感を覚えるんです。
たぶん自分も、彼らとすごく近いところで写真を撮ってると思うんですよね、。

*

もともと自分は、小学生のころから写真を撮ってて。
飼育していた昆虫の生態の記録や標本の撮影をするために、写真を始めたので。

昆虫や花とかのネイチャーフォトを撮る写真家になりたくて、
大学も自然の美しい信州大学に。
大学4年間で撮りためて卒業したら、そちらの道にという目論見で。

けれど大学4年間で思うところあって進路変更。
写真は完全に止めることにして、機材もすべて処分。

それが結局、、失踪しちゃったりいろいろあって、
やることが何も無くなって、
最終的に写真に戻ってきてしまって。

昔はアラーキーさんとか、モノクロのスナップ写真とかも、どこがいいのかサッパリ分からなかったけど。
でも、また写真やろうと思ったら、なぜかそちらの写真に惹かれてました。

ずっとやってた昆虫写真とか、まったく関心なくなっちゃって。
この感覚の変化は、本当に自分でもよく分からない。不思議。

*

自分が写真を撮る理由は、要は自分の精神安定剤ですな。
ハッキリしてます。

上述の、デイケアで絵を描いているのと、同じだと思います。
だから、その点でもすごく共感するんだと思う。
「売らない」っていう選択にも、ものすごく共感するのもその辺。
それの意味するところは身にしみてよく判る。

*
[PR]

by m_sakamaki | 2013-01-23 04:36 | 写真 | Comments(0)

【ご案内】 写真展 『記憶//揖斐野』 @神田珈琲園

昨日から始まりました。
喫茶店での写真展示の告知です。
ここでの展示は今年で7年目になります。
近くのお越しになられた際はぜひお立ち寄りください。


******

f0002998_1656343.jpg




【写真展@神田珈琲園】

写真展タイトル:『記憶 // 揖斐野』

日時:1/21(月)~2/01(金) 平日 7:00~24:00 土曜 7:00~18:00  日祝 9:00~18:00

場所:神田珈琲園2階壁面。(JR神田駅から徒歩2分)
http://www.kanda-coffee-en.com/gallery.html
この写真展では、写真展のDMでブレンドコーヒーが1杯無料になります。
DM必要な方はメールをください。(メール
DMをネットでダウンロードできるようにしてますので~。

ちなみに、この写真展では私・阪巻は会場には居りません。(←普通に喫茶店のため。)
ノートみたいなのは置いておきますが。
申し訳ありませんが、あしからずご了承ください。m(_ _)m
[PR]

by m_sakamaki | 2013-01-22 17:02 | Comments(0)

いろいろ。

f0002998_3285274.jpg


*

昨年から依頼していただいてる某物撮り。
リストをもらったら、商品の数が昨年よりも少し増えてて。
全部で150商品くらい。
1商品についてバリエーションカットが必要なのもあるので、
カット数自体は300カット程度。

昨年は、相当気合いれて頑張って2日目のお昼で終わったので。
今年もそれか、もう少しかかるかなぁ、と思ったけど。

昨年、1度やってるので、大体どういう感じの写真が好みかっていうのも分かってるし、
担当のK氏も今年は撮影の進め方をよく理解されてたこともあって、効率よく撮影が進み。

1日目に120商品程度済んで、2日目の午前中に終了。

この仕事はなんか、結構いい感じだなぁ、と思う。
雰囲気とかいろいろ。

*

以前に一緒に仕事をしてた知り合いのカメラマンが、半年ほど前に亡くなっていたことを知る。
あの人が、、って、ちょっとすぐには、未だに、信じられない話。

Kさん、何度も電話かけなおして連絡くれて、本当にありがとう。

*

書籍自炊のための裁断機が届きました。
レンタル。
今日、明日で一気に持ってる書籍で自炊する予定のものは裁断しちゃう予定。

これから買うものは、チマチマ手作業でカッター使えばいいので。
今ある分をとりあえず無くす。

*

レンタルボックスの鍵が届きました。
滅多につかわない荷物まとめて、こちらも今日、明日で片付ける予定。

*
[PR]

by m_sakamaki | 2013-01-14 03:50 | 日常 | Comments(0)

色に縛られる。

f0002998_085018.jpg


1月20日からの、神田珈琲園での写真展示のプリント出力が終わりました。
ここでの展示は、毎年1月にさせていただいて、6年目、、、かな。
いつも、A1サイズのプリントで展示をしてます。
普通に喫茶店で、近くで見づらいとこなので。(^^;

ここでの展示は、
今までにまとめた事のある写真か、
現在進行形で考え中の写真を並べることにしてます。

*

今回、どの写真を展示するか、ということを考えていて、
前回の延長で、「まだまとまってないけど、今考えてるのはこの辺」っていうのを出すか、
以前展示したことがあって、この空間でやってみたいものを出すか、
結局、今回は後者にしました。

何年か前に「揖斐野」というタイトルで展示した写真です。
ただ、ちょっと思うところあって、当時、カラーでまとめた写真を、
今回はモノクロに処理し直して展示することにしました。

サイズはA1。
紙質はいつもの半光沢にするか、今回はマットにするか、いろいろ出力テストはしてたんですけど。

*

・・・なんかですね、、、。
もともとカラーでまとめた写真を、すべてモノクロに置き換えた写真にプリントして、
改めて写真を見たときに、ちょっと衝撃的な感覚というか、
自分はいろんなモノに縛られていたなぁ、と、
急に、思いました。

ここ10年ほどは、写真については、かなりウダウダしてて、
自分の中ではかなり迷走してて。
こんな状態で写真展やっても意味無いしなー、と思って、
ちゃんとした個展もやっておらず。(ーー;

楽器にヒントを求めるというか、ぶっちゃけ逃げてた部分もあったわけですが。(爆)
(音楽から写真への非常に大きなフィードバックがあるのは間違いありませんけど。)

ここ何年かは、どちらかというとカラー写真が中心になってましたが、
正直、「色」については持て余してて。
違和感が常にあったのは事実。
写真の方向としては、見えてきたものはあるんですけど。

それでも、カラーに固執するところがあって、こだわってたんですが。

*

なんか、急に、抜けました。
色云々もそうだし、
写真そのものについての、変な思い込みというかも、実はいろいろあって。
そのあたりも。

よく「どんな写真撮ってんですか?」と聞かれて、モゴモゴしてシックリ来てなかった部分もひっくるめて、
あ~、なるほど、自分は写真でこれが見たいんだ、、、っていう、、、。

また悶々するかもですが、今回のは今までと違う抜けた感がある!

*
[PR]

by m_sakamaki | 2013-01-09 00:46 | 写真 | Comments(0)

ひえとりくん。

f0002998_432913.jpg


冷え取り君、復活ー。

昨年、6月頃の部屋のレイアウト変更した際に、荷物に埋まって出せなかったんですけど。
やっと荷物の山が減ってきたので出しました。

もともとはコレ、自分、銭湯通いしてるので、特に冬場、
汗かいてないけど、身体だけ暖めたいっていう場合に、
銭湯、毎日は高いなぁー、ってんで、
足湯にした・・・・っていう経緯があります。

もう何年前に買ったか忘れてしまいましたが、
冷え取り君、fb-60ってやつです。
当時、ヤフオクで1万円弱でした。
(今はこの機種は5000円くらいで落札されてるみたいですな。)

ヤフオクって、競り合う人の具合によって落札価格ってずいぶん変わりますよね。
商品にもよりますが。

冷え取り君も、ガチで競り合う人がいると随分高くなる場合があるんですけど、
どうしても直ぐ欲しいってんでなければ、
まぁ定期的に誰かが出品してる商品なので。

「どうしても落札したい人」が入札してこないタイミングを見て、
気長に落札すると結構安く手に入ります。

新品の最新のは結構な値段ですが、
そうそう壊れるもんでもないので、型落ちで十分っちや十分、。
自分はかなり満足。

新しいのは、温度設定が少し改良されてるのと排水や移動がしやすくなってるみたいですね。
自分は気になりませんが、人によっては、水いれたり洗ったりっていうのが、大きさ・重さ的に面倒かも、。

*

この冷え取り君での足湯、やり始めてわかったんですが、
結構便利というか、予想外にいいというか。

PC作業やら読書やら、足を動かさない作業は普通にできるし。
1日1回お湯を変えて洗って保温しておけば、空いた時間で足湯できるし。
習慣になってる時は、部屋の暖房もあんまりいらないし。

このメーカーの出してる入浴剤を入れて使ってます。
(これもヤフオクですが、。w)
値段見ると、結構高い気はしたんですけど、
足湯の量程度なので、入浴剤も一缶がなかなか無くならず。
思ったよりも安上がり。

*

足湯やってる時は、基本、飽きやすい単純作業をやるのがなかなか良い感じ。
あんまり飽きません。w
ここのところ、二胡のビブラート練習、がんばってんですが、
足湯やりながらやってみたら、リラックス具合も含め、なんかいいです。

しばらくこのパターンでいこうかと。

*
[PR]

by m_sakamaki | 2013-01-06 04:36 | 日常 | Comments(0)

写真が撮りたくなる。

f0002998_23162253.jpg


年が明けました。
いまだ年賀状は手付かずですが、。(^^;

年が変わったといっても、昨日から今日に日が変わったことと、基本的には変わりないのですけど。
とはいえ、こんなに時間の過ぎる速さというか、
過ぎた時間への区切りをハッキリ意識する機会っていうのは、そうそうないので。

私は嫌いじゃないです。
むしろ愛おしく感じるくらいです。

特に、年を重ねるほどに、時間は早く過ぎていくので。
なおさら、、過ぎた時間と、これからの時間と、今の瞬間に。

無性に、写真が撮りたくて仕方がありません。
写真を撮るということは、こぼれていく時間に対しての、自分にとってはこの上ないアプローチです。

いつまで自分は生きているんでしょうかねぇ。
20年、30年、それ以上か、
あるいは、来月までか、明日までか、。

*
[PR]

by m_sakamaki | 2013-01-04 23:28 | 写真 | Comments(0)