母と姪が来てました。

f0002998_043822.jpg


この3日間、母と姪っ子が東京に来てました。
姪が中学卒業というタイミングもあって。

幸いにして、東京滞在の3日間はいい天気。
あったかくて。
よかったなぁ。

宿泊は浅草の最近できたばかりのビジネス(?)ホテル。
値段安くて。
安いところは、時々酷い場合があるので心配はあったんだけど。(←自分が泊まる分には気にならないのだけれど、母と姪を泊めるのに、ハズレだとさすがに困る、。)
口コミ評価がよかったのでここに。
母に聞いたら悪くなかったみたい。

*

しかしまぁ、70近い母と、中学生の姪と、東京の雑踏を歩くのは結構大変、。

そもそも、田舎じゃ、目の前のコンビ二行くのにも車でいったりして、
ほんとに歩かないので。

東京の、電車の乗り換えやら階段やら坂道やら、この歩く量は比べ物にならなくて。
健康のためには、東京の生活くらいは歩くべきだとは思ってんですけど。(^^;

*

写真は、スカイツリー下で、地元のおじちゃんが記念写真用に凸面鏡を用意してて。
それに写して撮ったもの。

なるほどー。
考えたな~って、思いました。笑。

*

そういえばスカイツリー。
生で見たの初めてなんですけど。

実際に間近でみると、すごいですね。

今まで、聞いて、ちょっと高いなぁって思ってた入場料。(3000円くらいでしたよね?)
下から見上げたら、
「あ、こりゃ、3000円、するよ。これはやっぱ入場料3000円だわ。」
と、すごい説得力がありましたよ。
[PR]

by m_sakamaki | 2012-03-31 00:59 | 日常 | Comments(0)

和装ポージングのおもひで。

f0002998_1462222.jpg


やる気なっしんぐ。

本気で確定申告やんないとまずい。

*

自炊。(書籍の電子化)
あたま使わなくていいので、ボーっとしながらやってる。
こういう頭つかわなくていい仕事は好きだな。

*

取っ散らかった資料も少しずつ電子化してる。
スキャンして、シュレッダーにかけるのが少し快感となっておる。笑。

*

古いコピーの資料の束から、和装ポージングの資料が出てきた。
なつかしー。
・・ってか、これ、どっかにあったよなぁ、って、一時結構探してたんだよね。

和装ポージングっていうのは、
着付けから写真室にあがってきた打ち掛け姿のお嫁さんを、撮影用に振りをつけることなんですけど。
これはヘアメイクさんではなく、カメラマン側の仕事。

*

写真学生のころ、学校は夜間だったので、昼間は新横浜の結婚式場の写真室にバイトで入ってました。

仕事は主に、土日はスナップの撮影と、型モノのアシスタント。
平日は、プリントのスポッティングやアルバムの作成、料理や館内撮影等のアシスタントしてました。

閑散期である夏に、系列の写真館に篭って2週間ほど、型モノアシスタントの私とF嬢は「和装ポージング特訓期間」が設けられ。
社員の女性がモデル役。

打ち掛け姿で出来上がってきたモデルさんを実際にポージングするっていう練習を、
朝から夕方まで、繰り返し繰り返し、毎日練習、、。

ボスがやってるのを見ると、すっごく簡単にやってるように見えるんだけど。
教えてもらって、実際にやってみると、見てるようには全然ならない。
形がきまらない。

ポージングに手間取るほど、モデルさんに負担かかるから、早くやらねば、って思うんだけど、
全然形にならなくて、冷や汗かきながらの練習でした。笑。

*

あれ、最初に立つ(あるいは座る)ときの角度から、順番に振りを積み上げていかないと綺麗な形になんないんですよね。
ほんと。

*

最終日に、鬘をつけて、マミヤのRBでシャッター切って。
特訓は終わり。

そのあとは、実際のお嫁さんで、ひたすら現場でポージング。
和装の花嫁さんが上がってきたら、場数をこなすために自分が入る決まりになってて。

ポージングにかける時間は、どんなに長くても3分と言われ。
実際には1分程度でつけてしまわないといけないんだけど。(お嫁さんに負担がかかるので。)

*

要所要所、最後に先輩がチェックして、出来てないところを直してくれるんだけど。
あの頃は本当に胃が痛くなる思いで、ブルーになりながら土日は通勤してたなぁ、。

あんまり直されなくなったのは、現場でやりはじめてから半年後くらいでした。

*

その頃、写真室には、いろんな撮影に関する資料とかもあって。
借りて帰って自分で勉強してた中の一つがこの資料。
[PR]

by m_sakamaki | 2012-03-06 02:21 | 写真 | Comments(0)

今日の私的二胡事情。

f0002998_012477.jpg


銭湯から帰着。

それにしても、よく雨ふるわ、、。

*

二胡のレッスン、そのあと弾いていいともの練習会で帰ってきて、
あんまり眠かったのでちょっと眠ったら、
もう真夜中だった。orz

時計の10時半というのが朝なのか夜なのか、一瞬判断がつかず、
自分が置かれている状況を把握するのにしばし。

*

それにしても、今日、レッスン最後にやった「涙そうそう」。
酷かった。笑。
あれほど聞くに堪えない演奏も珍しい。
手のつけられない演奏。

先生ごめん。
ほんとに反省してます。

*

先月は、二胡の練習、サボりにサボったからなー。

*

今日、友人の某事情を聞いて、「え~っ、、そんな理不尽な。」と
帰ってからも納得できずにムカムカしてたんだけど。

一眠りして、風呂行ってきたら、ちょっと冷静になった。

*

今日までのことは水に流して、明日からがんばる。
[PR]

by m_sakamaki | 2012-03-05 00:21 | 二胡 | Comments(0)

昨日のイベント。 / 手を広げてみること。

f0002998_6104046.jpg


目が覚めた。
夜中の12時。
眠ったのは、たぶん帰ってきた15時前後。
寝落ち。

*

昨日は某小学校でのダンスイベントがあって。
そこで太鼓を叩いてました。

朝8時半集合だったので。
朝起きられるかと不安に思ってたら前日ぜんぜん眠れず。

5時くらいになっても眠れないまま、
1時間ほど、椅子にすわったまま仮眠して現地に向かうことに。

イベントがお昼に終わって、途中でドラマー・ダンサーさんの何人かでご飯。
お好み焼きとビールとかしてたら。
とにかく眠くなって帰るなり寝落ち。

*

そういえば、ちょっと迷ってたんですけど。
サルサの3ヶ月限定の入門クラスに行ってみることにしました。

*

いろんなことに、よく言えばチャレンジしてみる、
悪く言えば(?)、手を広げすぎる、
っていうのは、
自分としては、納得感がちゃんとあるんであれば、いいかなと思ってます。

いろいろやってみて思うのは、
どの分野、どの、たとえば楽器とか、音楽とか、踊りとか、ものづくりとか、
根っこのところで大事なものって、ものすごく共通している部分が大きくて。

そう理解すると、
「根っこの大事なところを身につけるために、いろんな側面からアプローチをしている」
っていう理解を、今の自分の行動(いろいろなことをやってみる)にはしてます。

自分的に「理解したい原理原則的な事柄」っていうのがあって。
それを理解するのに役立つと思われるものを、
時間と体力とお金の許す限り手を広げてやってる、
っていうのが、たぶん、正しい。
[PR]

by m_sakamaki | 2012-03-04 06:07 | 日常 | Comments(0)

自炊生活。

f0002998_1415483.jpg


自炊をしておる。
少し前から。

ちなみに自炊というのは、書籍等の電子データ化のこと。

*

スキャナーは自炊用として名高いscansnap。

自炊マニュアル見ると、裁断機があった方がいいという意見は多いのだけど。
実際に自分で定規とカッターで切ってみると、1冊あたり丁寧に切っても2分弱。
裁断機だと40秒ということなので。

裁断機は相当場所も取るし、値段もそれなりにするし。
これくらいの差なら手で切ってもいいかな、と。
手で裁断ちう。

鬱々した時に気分転換がてら裁断してる。

*

スキャニングは驚くほど早くて、しかも優秀です。
200ページの本があっという間に(1分くらい)でスキャニングできてしまいます。
おぉぉ、。

*

自炊のメリットとして、本棚が無くなるっていうのもあるけど。
特に見るわけではないけど、資料として取っておきたいもの(メモ・マニュアル・製品パンフレット・その他資料等)がものすごくスッキリとしてしまうってあたり。
これはすごく大きいです。

*

ただいま1日3冊ペースで自炊ちう。
[PR]

by m_sakamaki | 2012-03-01 14:27 | 日常 | Comments(0)