セッション会。@高円寺

f0002998_326824.jpg


自転車で5分ほどの、カレー屋さんで、ちょっとしたセッションイベントがあった。
楽器自由のフリーセッションっていうのに興味を持って、顔を出す。

ドゥンドゥンというアフリカンの横太鼓(両面太鼓で、バチで叩く)と、
アフリカン・クラベス、タンバリン、アフリカの木の実で出来たシェイカーみたいなの(名前を忘れた。)とか、を持って参戦。
行ってみたら、会場は予想外に人が集まったらしく、ものすごい人工密度。。。あう。

こりゃあ、自分が主催者だったら青ざめるな、、、(w)と思いつつ。
でも人が多すぎて、持って行った太鼓を叩くどころでなかったので。

外に避難したり、ぼちぼちマッタリしながら時間を潰していたら、だんだん人も落ち着いてきて。
シャカシャカした振りモノ系の楽器と、会場で借りたジンベでセッションに参加。

セッション自体はいいセッションでした。
一五一会や二胡持ってこられてた方もおられました。(生音では音量的に厳しそうでしたが。)
なかなか楽しかったです。
[PR]

by m_sakamaki | 2010-02-21 03:28 | ジェンベ | Comments(0)

『写真を見る読む研究室』

f0002998_23573762.jpg


ギャラリー・ルーニーでの『写真を見る読む研究室』に参加。
これはこれから月1回ずつ、全4回のワークショップ。

写真について語られる場っていうのに、少し前から関心があって。
トークセッション・イベント、ワークショップに出来るだけ行くようにしてる。
これもその流れ。

*

19時半から、ルーニーのギャラリースペースにて。
ギャラリーでは、サンバの写真展が開かれていた。

ワークショップの方は、参加者13名。
最初に簡単な自己紹介をする。

年齢も、写真とのかかわり方も、かなり幅があるように見受けられ。
これはこれで面白そう。

*

今回は、「写真を読む」ということについて、
アメリカ西海岸の(今は古典といわれる?)作家で、
エドワード・ウェストン、
アンセル・アダムス、
イモジン・カニンハム、
の3名の写真を通して、話が進む。

*

このワークショップで聞く話っていうのは(今後の話も、おそらく)、写真学校の授業で聞く話とかぶる部分も多いと思うんだけど。

たとえば、全く同じ話であっても、写真学生の時と今とでは写真に対する関わり方とか、考え方とか、全然違ってて。
今の段階で、自分が聞くことを欲しているんであれば、それはきっとすごく意味があると思う。

今聞くから判ること、っていうのがあるわけで。

*

写真の中にある情報について、
読む立場、撮る立場、いろいろ考えるところがありました。
[PR]

by m_sakamaki | 2010-02-19 23:59 | 写真 | Comments(0)

コンデジ。

f0002998_1222364.jpg


こちらのブログ、放置してました。。
思うところあって復活。

*
*

コンパクトデジカメを購入。

最近、HPの写真ブログとは別に、ブログをひそかに始めたというのもあり。
ここは、ぼちぼち日常の写真を撮って載せるか、、とも思い。

いつも持ち歩けるデジカメが1つあったらというのと、
音楽関係での、動画が撮れたらと思う場が最近とても増えてきたこともあって。

*

中古のデジカメを探して、何店舗か回る。
予算は1万円前後。
ものによっては1万5千円までは考えてもいいかな、、と。

新宿のマップカメラで最初買おうと思ったのだけど。
なぜかお客さんが目茶苦茶多くて。
どれだけ待ってもスタッフの人の手が空かず、痺れを切らして別のお店に。

中古パソコン店のデジカメ売り場に行ったら、お値打ちコンデジが沢山あり。
安いコンデジの中古は、やっぱパソコン店の方が多いね。 w

*

で、3年ほど前に発売されたオリンパスの型落ちコンデジを7000円で購入。

取り説とかCDとかは付いてなくて、バッテリーとかの最低限の付属品しかないけど、
使い方は見れば判るから。
無事に動いて、バッテリーの確保さえ出来れば、とにかく安いのがいいのだ。
自分的には。

オリンパスのμ750って機種。

ただ、「xDピクチャーカード」っていうマイナーなメディアだったため、ウチのカードリーダーでは読み込めず。
カメラのUSBの端子も、ウチにあるUSBケーブル、全部合わない端子で。

まだ実際にはPCに取り込んだりできてませんが。
[PR]

by m_sakamaki | 2010-02-19 01:25 | 日常 | Comments(0)