カテゴリ:写真( 108 )

映像採集カメラ。

f0002998_20091915.jpg


先日、映像投影で参加してるバンド(ドラムと鍵盤とダンサーと朗読と映像)のリハがありまして。
メンバーとか具体的な内容とかが少し変わって、新しいテーマでの初めてのリハだったんですけど。

それまで、投影する映像は、写真主体で作ってたんですけど。
今回、時間がなくて新たに内容にあう写真素材を準備できなかった、ということもあって、最近、テストというか、、試行錯誤でいろいろ撮ってた3~4秒の動画スナップ映像で、テーマにあいそうな内容のものをピックアップして持って行きました。

・・・で、この動画スナップ映像は、気になったものを撮ってはきたけど映像としてみせるにはなんともいえないものだし、、これ、どう扱ったらいいものやら~、、、と、私の中ではビミョーなものだったんです。
いちおう、いずれピンとくることがあるかも、と具体的な当てもなく、ホルダーにまとめておいたもの。

先日のリハで、それをVJソフトを通して素材をループさせながら、いくつかの映像をミックスして投影してたら、非常に、ピンとくるものがありまして。。

このバンドでは曲ごとのコンセプトがあって、そこから先は各自の即興的なものに任されてて。
過去、それに対して映像の投影をいろいろ試行錯誤してきたのですが。
う~ん、、、悪いっていうほどではないけど、なんかピンとこないな、、、というモヤモヤが、ず~っとあったりしたのです。実は。w

それが、なんだか、先日のリハで、短い映像のミックスが非常に自分の中でピンときまして。「あ~、、、これこれ。。。」という感覚が生まれて。
ここでのやりたいことの方向性がちょっと見えたのでした。

*

で、今後、撮りたい映像の方向が見えて、日常的にちょこちょこ撮影できるサブカメラを持とうと思って。(以前はいろんなサブカメラを持ってたんですけど。ここ数年は、コンパクト系のサブカメラは持ってなかったのです。)
いくつか、機種の選定をしてました。

新品である必要はないので、中古の型落ちで、ガシガシ使えるもので。
動画はできれば、フルハイビジョン。
大きさは、パンツの後ポケットに入るサイズ。
レンズは明るめだと嬉しい。
ズームは無くていい。

・・・あたりで値段と機能とのかねあいを見つつ、どの辺のカメラがいいかなぁ、と探してて。
最終的に、オリンパスのTGシリーズの型落ちに狙いを定めた次第。

それで、中古カメラ店でTG-3を買ってきました。

f0002998_20095233.jpg


ストラップのところにつけてるのは、ポケットに入れてるカメラをサッと取り出すために、昔からスナップ用のサブカメラに必ずつけてる根付的なもの。

このカメラ、今日一日、いろいろ撮ってみたんですけど。
なかなか、、予想以上に面白いですね、、。

水中もいけるし、落としても平気。
あと、自分には要らない機能と思っていた「アートフィルター」が、、これ、動画でもそのまま使えるんですね。
モノクロにしたり、トイカメラっぽくしたり、ハイキーにしたり。
それと、超マクロ撮影もできるという、、。

起動も早くてストレスなくいける感じ。

f0002998_20095380.jpg

バンド用の映像素材。
以前は、それようにスケジュール調整して撮影の時間をとって行ってて、プライベートで撮りたいものともまた違ってるから、正直なんか仕事っぽくなってて。
そのことに対して結構モヤモヤ感があったんですけど。
このカメラだったら、いい感じに行けそう!という予感が。

オリンパスのコンパクトカメラはミュー2以来ですけど、しっくり来てます。

*


[PR]

by m_sakamaki | 2017-09-11 20:47 | 写真 | Comments(0)

写真展を見てきました。『山崎博 計画と偶然』(@東京都写真美術館)。

f0002998_19164985.jpg

東京都写真美術館でやってる山崎博さんの企画展。「計画と偶然」。
行ってきました。
展示写真は、撮影OKエリアにて。

ゴールデンウィーク明けまでだし、そろそろ行かないとまた行きそびれてしまう、と思い立って行ってきたんですけど。

「山崎さんの写真展のチケットを~、、、あ、お金忘れた!(財布はあるけど札が全く無かった)
いや、、、チケット代いくらですか?金額によっては小銭で入れるかも。」
「600円です。」
「あ、それならなんとか。」

・・・という状況で、展覧会の図録も欲しかったのですけど、また改めて買いにくることに。

*

山崎さんは、東川写真フェスティバルに行くといつも来ておられて、お話もさせていただいたりしてたのですが。
自分が最も尊敬する写真家の一人だったりします。(ここ何年か東川行けてないんですけど。)

東川のインディペンデンスの展示とかレビューなんかでは、いつも写真愛の溢れるコメント。
にじみ出る写真に対する真摯な姿勢と考え方。
いつもお会いするだけで襟を正される感じ。。。

展示のプロフィール見て、
今年3月までムサビで教えておられたんですね。

*

で、展示は、これでもかこれでもか、というような視線の強さに、思わず深く反省をしてしまいました。
・・・・がんばります。

*

f0002998_19164898.jpg


f0002998_19164583.jpg

[PR]

by m_sakamaki | 2017-04-22 19:42 | 写真 | Comments(0)

赤レンガポートフォリオオーディションの募集要項が。

f0002998_18074896.jpg

急に暑くなりましたねー。
桜が散って、あっという間に緑が眩しくなりました。

*

今週は撮影は忙しくないのですが、データ処理も含め、たまっている作業的なことが多くて。
がんばってやってます。

*

f0002998_01123143.jpg

東川写真フェスティバルから、ポートフォリオオーディションの募集要項が届きました。
とりあえず今、1つはほぼまとまってる写真があることもあって、今年は東川に行きたいな、と思っていましたが、いろいろ迷いちう。。
赤レンガポートフォリオオーディションについては、今回は特に写真見せたい人もいないし、応募する予定はなく。

わざわざ東京から行くんだったら、何か東川写真フェスティバル内の企画に参加はしたいんですけど。
話が通じる方と写真の話はしたいので。
何か結果を求めてるわけではなく、自分と写真との関わりに対して少しでもクリアな何かを拾える場は欲しい。
レビュアーの方が話したい方であれば、ポートフォリオレビューとかはありかも。

*

思うところあって、プライベート撮影用に1台カメラを買いました。
6D。ついでに、50ミリも新たに1本。

別に意図してたわけではないんですけど、それで写真撮り始めたら「原点回帰したかったのかも」と、なんとなく。
興味というか、やってることが拡散していってまた一点に戻ってまた拡散して~、っていうのを自分の欲求に従って繰り返すのは、個人的には悪くないと思う。
戻ってくるたびに、いろいろそこに含まれてるものが変わってるので。

*






[PR]

by m_sakamaki | 2017-04-20 01:39 | 写真 | Comments(0)

アーヴィング・ペンの『Still Life』

f0002998_01511664.jpg

少し前に、フェイスブックで友人が投稿でコメントしてたアーヴィング・ペンの『Still Life』という写真集。
そういえば写真はなんとなく目にしたことはあるけど、ちゃんと見たことなくて。加えて、妙に気になったので。
注文してたんです。

何日か前に届いてたんですけど、あまりにも余裕がなくて、
先ほど封を開けたところ。

あ゛~、、、いいわ~。。。
すごいいいです。

この写真集、、よく本の感想で、身近なものを美しく、とかってあるのも見たりしますが、、
個人的に感じるものは、そんなサラッとしたものではなく。

ご本人の、ドロドロした何か、とか、グロい何か、がもうだだ漏れしちゃってる感じで。

・・・写真ってやっぱこうでないとね、と個人的には強く思ってたりします。

スティルライフ。
もともと自分もやりたかったんだよな、、。
ずいぶん前に一時期やりかけて、自分にはまとめるセンスが全然足りないと感じて続けなかったんだけど。
今の自分だったら、形にできるかも。
もう一度チャレンジしてみようかな。

f0002998_01511695.jpg


[PR]

by m_sakamaki | 2017-02-23 02:10 | 写真 | Comments(0)

カラーとモノクロ。

f0002998_14265785.jpg

先日のグループ展。
自分はカラーの写真を出しました。
ここ数年、色の情報が情報過多のように感じて、モノクロばっかりやってたんですけど。
ここに来て、モノクロのモノクロっぽさが鼻につくようになって、カラーにも戻りつつあります。。

ここ数年撮ってる「Dim Sight」の写真は、モノクロでまとめるつもりですけど。
なんとなくやってる「日々に潜む」シリーズはカラーに戻そうかなっていう気になってます。

モノクロかカラーかどちらで、っていうのは、
時々質問で聞かれたりすることありますけど。
個人的な考えとしては、自分がモノクロの眼で対象と向き合ってるんならモノクロ。
カラーの眼で向き合ってるんならカラー、だと思ってます。

それは、レンズの選択とかも同じで。
広角の眼で見てるんなら広角。
45ミリの眼で見てるんなら45ミリレンズ。
500ミリの眼で見てるんなら500ミリレンズ。
その辺はズームレンズの使い方なんかとも同じで。

対象をどう撮るか、でモノクロとかカラーとか、レンズの選択をするっていうのではなく、
自分がどの眼で対象と向き合っているか、を意識すべきと思ってます。

まぁ、これはあくまでもプライベートの、私の写真についての考え方で。
仕事の写真の時は、根本的にその辺の考え方も切り替えたりするわけですけど。

この辺についてはいろんな考え方もあると思いますが、
どちらが良い悪いっていう話ではなく、考え方の引き出しのひとつ、という理解をしてもらえれば。
時々その辺、変な議論になったりしますけど。
議論で相手の考えを否定しても、それが別に意味のあることとも思えないので。

自分は、カラーとモノクロの間のところで、たぶん対象と向き合ってます。
なので、どちらかに立ち位置が偏りすぎると、それが自分に鼻についてきちゃう気がしてたりします。

この間のグループ展で、自分の展示を久しぶりにカラーでやってみて、「あぁ、、、なるほど。。」と思ったのと、
映像をモノクロで作ったら、妙に情緒的になって、「これはカラーでやるべきではなかったか。。」と思ったのと。

とりあえず、そんなこんなで、今後、ぼちぼちカラー写真も復活する予定。。

モノクロ → カラー → モノクロ → カラー、と、今まで来てるので。
見る眼が、単に定期的に変化してるのかもしれません。。


[PR]

by m_sakamaki | 2016-09-29 14:55 | 写真 | Comments(0)

ヒガンバナを観にいってきました。

f0002998_17114652.jpg

ヒガンバナを観に、巾着田に行ってきました。
先日、仕事で練馬方面に行った際に、ポスターで彼岸花を見て。
なんとなく気になってて。
昨日、「明日、ヒガンバナを観にいこう。」と思い立ち。

練馬まで自転車で行って、そこから西武線。

*

平日だから、そんなに人は居ないだろう、と思ってたんですけど。
甘かったです。
駅から沢山の人が巾着田に向かって途切れない集団がゾロゾロゾロ。

平日の昼間なのに! みんな暇なんか、、と思わず。(← そう言うお前モナ~ってとこですが。w)

駅からの道が調べてなかったんですけど、ツアー集団のようなその後ろを着いていったらそのまま目的地に着きました。

道中、ところどころに野菜とかお土産を売ってる観光的ポイントがあって。
それもツアー集団的な空気をかもし出してました。(w)

*

天気予報では、今日は晴れ間かなって思ってたんですけど。
どんより曇って、パラパラ雨模様。

ヒガンバナは、かなり散ってて。
6割くらいはもう散ってました。
観に来てた他のお客さんも、「こりゃ、今週いっぱいかな。」と。

*

今週から、週に1日は、意識して遠出しようかと思ってます。
カメラを持って外へ出る、っていうのは、いろんな意味でやっぱり、写真を撮る原点だよなぁ、と改めて思ったこともあり。

*

f0002998_17114713.jpg

[PR]

by m_sakamaki | 2016-09-28 17:27 | 写真 | Comments(0)

グループ展、雑感。(少し長文)

f0002998_17553416.jpg



9月15日~20日にやったグループ写真展のことを少し。

今回のグループ展は、定期的に新宿西口の「居酒屋かあさん」にて集まって写真談義する飲み仲間の中での、有志によるものでした。
「シャシンカイギ」と称して集まってましたんで、今回の写真展もタイトルはそのまま。

その集まりも、自分の中では3~4年って感覚だったんですけど、聞いたらもう10年近かったみたいで。
う~ん、、歳をとったせいなのか、10年前のことも、まだ最近のように感じちゃってんですかねー。

やばい。

*

9月は何かと忙しくて、(仕事以外のことでw)
本当に気持ちに余裕はなかったんですけど。

一応、今回、写真展の提案をした手前もあり、自分が全体のとりまとめをしてたんですが。
写真展は、今までずっとやってきてることなので、それほど大変というわけでもなく。

1人の展示スペースは壁一面だけなので。
展示の写真の準備といっても、個展やる時ほど労力がかかるわけでもないし。
参加メンバーも、展示とか、わかってる人も多かったので、気楽といえば気楽でした。

*

今回やってみて、率直な感想としましては「やって良かったな~」と思いました。

この7~8年、自分はちゃんとしたギャラリーで写真を展示するっていうこと、してなくて。
毎年の神田珈琲店の展示はしてますが、あれは、どちらかというと、不特定多数の人の行き交う空間での展示、で、
ギャラリーで自分の展示写真と向き合うみたいな感覚とは全然ちがうんですよね。。

で、搬入して、とりあえず、展示した空間に佇んでみると、
「・・・・あぁ、、、やっぱ、こういう場を作るっていうのは、、必要だわ。。。」と。
再認識して、思わず呟いてしまい。

やっぱり、1年に1回、少なくとも2年に1回は、ちゃんと展示をして、自分が自分の写真とゆっくり向き合う場を設けないと、、
いけないなぁ、、、と、今回、しみじみと思いました。

観に来てくださったM先生とも話してたんですけど。
次やる個展は30~40枚くらいで写真まとめたいと思ってて。

まとまったらギャラリー決めようとかって思ってましたけど。
まとまったら、って思ってると、何時までたってもまとまらないので。
ある程度まとまった時点で、写真展を、「えいやっ」って決めちゃおう、と。
決心をした次第です。

今年中には、本当に、本気で写真まとめますので。(w)

*

あと、もう1つ、今回のグループ展で良かったのは、
今回のグループ展の趣旨は、展示を見せる、というよりも、写真の話をする場を設けよう、っていうところにあって。
それで、展示の会場も、展示スペースと、雑談スペースと、展示会場でウダウダ飲みながら写真の話ができるように、っていう目線で決めてて。
ブックとか映像とか、展示以外のものも準備して。

今回、実際にやってみて、その趣旨に非常に沿った形になったといいますか。
ギャラリーの方も柔軟に対応してくださって。
20時終了のところが、21時まで飲みながらギャラリーで話してるという日も何日かあったり。
普段の、居酒屋でのシャシンカイギが、そのままギャラリーに移動したような。

そういうのは、参加者と来場者との関わる感じでも随分変わってくるところですけど、
今回、やっぱり、趣旨を皆がよく理解してたから、いい感じになったんじゃないかな、という気もしてます。

あと、準備も片付けも、会期中の諸々も、すごく順調、スムーズで。

撤収を完了したときに、「こんなに最初から最後まで順調にきっちり、しかもいい感じで出来るとは。。」と、思わず感動してしまったほど。
「いい感じ」なグループ展でした。

*




[PR]

by m_sakamaki | 2016-09-27 18:38 | 写真 | Comments(0)

もうすぐグループ展。

f0002998_23040995.jpg

めちゃめちゃ疲れてます。
ちょっと気を抜くと思考停止してて、「さかまきさん、魂抜けてるよ。」と言われたりしてます。
今月一杯、頑張れば、いろいろ復活できると思います。
今月は余裕が無さ過ぎて、お誘いを断りまくりで、、ほんとごめんなさい。。

*

15日からのグループ展(https://www.facebook.com/events/694284270710164/)の準備は、順調に進んでます。
展示のパネルは完成しました。
雑談部屋で流す、3分動画っていうのも完成。

*

3分動画っていうのは、以前、写真学校生であったころ、、かれこれ、、20年近く前ですが。
河口湖の美術館で、木村伊兵衛賞の20周年の記念展示があって。
そこには歴代の木村伊兵衛賞の受賞者の展示が並んでたんですけど。

その展示の入り口に、小さいブラウン管テレビがあって。
そこには、受賞者が1人3分(だったと思う)で自由に作った映像がひたすら流れてて。

カメラに向かってポーズをとって写真について語る方あり、
廃村を写真を撒きながら歩く方あり、
遊園地のコーヒーカップでクルクル回りながら自撮りする方あり、
ただ、風景を撮ってる方あり、
雑踏をカメラをブラブラさせて歩く方あり。

その時は、写真学校同級生のN氏とS氏と私の3人で行ったと記憶してるんですけど。
その映像が、受賞者の方々の、人柄と作品とにものすごくリンクしてて、あまりに面白くて。
われわれの他に誰もいないフロアで、爆笑しながら見てたら、
美術館の方がそんなに熱心に映像を見てる人が珍しかったようで。(w)
もの珍しそうに様子を見に来て。
「これ使いなさい。」って3人が座れるベンチを持ってきてくださったり。w

*

その時のことをふと思い出して。
今回、1人3分でフリーテーマで何か動画を作ってきて、ひたすら流す、っていう提案をしたんです。

それが3分動画。

*

あと、雑談部屋(ギャラリーは3部屋あって、手前と奥が展示で、真ん中の部屋が雑談部屋なのです。)には、
ブックとかを置いて自由に見られるようにするので。

今回、自分は、仕事のブックも置きますけど。
それ以外に、過去に写真展やってきた中で、「家」についての写真を1つのブックにまとめてみよう、と思ってて。
過去4回分の写真展のものからチョイスして『家の記憶』というタイトルで1冊にまとめています。

上の写真は、最初の、シノゴで家を撮ってた写真。
プリントと、ファイリングまでは終了。

テキストを入れようと思うので、それはこれから。
なんだかんだで、グループ展、結構面白くなりそうです。

*


[PR]

by m_sakamaki | 2016-09-09 23:29 | 写真 | Comments(0)

グループ写真展のDM。

f0002998_21391139.jpg

9月のグループ写真展(https://www.facebook.com/events/694284270710164/)のDM届きました。
キャンペーン価格で、500枚で3670円。

*

写真学校の頃からオノウエ印刷さんにお世話になってて。
入稿データに不備があった場合でも、いつも電話をいただく対応がものすごく丁寧で、すごく安心感があるので。
値段うんぬんよりも信頼感からこちらに出すんですけど。
今は、安くできる印刷屋さんも増えてるから、、なかなか大変なんだろうなぁ、、、て。

サイトのメニューをみたら、入稿メニューに、切り貼り入稿、手書き入稿っていうのも増えてて。
データ入稿がよくわからない方(?)へのサービスが。
最近できたのかな。

自分がオノウエ印刷さんに入稿するようになった最初のころも、切り貼りする版下用の紙がいつも送られてきてました。
そういえば。

最初の自分の写真展の1回だけ、切り貼りした版下で入稿した覚えが。。
その後は、ずっとデータ作って入稿してて。
当時はフォトショップが4の頃で。

*

グループ展の準備も、気合いれて進めないと、、、。
写真だけは決めたけど、それ以外のことが全く進んでいない、、という、、、、。orz....

*


[PR]

by m_sakamaki | 2016-08-25 22:06 | 写真 | Comments(0)

石元泰博写真展。@写大ギャラリー

f0002998_12220229.jpg


写大ギャラリーでの石元泰博さんの写真展が今日までだったので。
新宿でレンタル機材の返却後に寄り道。

石元さんは私の最も好きな写真家の1人。
特にシカゴの写真がほんとに好き。

なんていうか、、、写真を見るとホッとする。



[PR]

by m_sakamaki | 2016-08-05 12:27 | 写真 | Comments(0)