二胡と鍵ハモ。

f0002998_01514304.jpg

久しぶりの日録、、。(。´д`)
今週は、仕事が落ち着いて、比較的ゆっくりしてます。
なんだか1月~3月が例年にない忙しさだったこともあってか、疲れがたまってて、今週疲れが出た感じ。
気がつくと寝落ちしてる、というのが何度かあって、やっと今日の夜くらいから復活してきました。

*

二胡の方は、楽団の演奏会が先月の下旬にあって、4月のはじめには名古屋の桜二胡というイベントに楽団有志で参加してて。
この後は5月の下旬に大塚ミュージックフェスというのがあって、そこに楽団で参加はあるけど、曲とかは今までのなのでそんなに大変でもないと思う。

なので、自分の中では、現在二胡で頑張るべき目標は6月半ばの二胡検定。(福岡での上海音楽学院の日本二胡検定)
今回は6級で申し込みました。
課題曲は月夜、自由曲は喜送公糧。
喜送公糧は、全く手付かずだったため、今週から始めたところ。
ゆっくりなら問題なく弾けるけど、問題はあと2ヶ月でどこまでテンポを上げられるか、、、ですね。
少なくともbpm120位では楽に弾けるところまで持って行きたい、、、、death。
毎日1時間くらい、この曲に練習の時間をかければ、なんとなく大丈夫かな、っていう気はしてます。今の感じだと。

*

昨日、5月の立川いったい祭りでの演奏に向けて、鍵盤ハーモニカの部活練がありまして。
実はこれも、それなりに気合いれて練習しないとコレはヤバイ、、と思った次第。。

・・・ということで、今日から立川のイベントまでは毎日30分~1時間は鍵ハモ練習時間をとることに、。orz...

*

鍵盤ハーモニカと二胡っていうのは、やってみると使う脳みそが結構似てて、(二胡も呼吸大事だし、運指の脱力の感じとか。)
片方の練習がもう片方のトレーニングになる部分っていうのがあるなぁ、ということを少し実感してます。

特に感じたのは、細かくて速いフレーズの練習とか。
鍵ハモは、鍵盤を叩いて音を出すっていうものではないので、速く弾くためには脱力して指を確実に鍵盤に置いていくのが大事だと思うんですけど。
右手で鍵盤のそういう練習をしてると、二胡の早弾きのフレーズで指が転びにくくなるというか。音の分離がよくなるというか。
早弾きでつまづく要因としては、速く弾こうとして焦って動きが固くなったり転んじゃったりする事が1つあると思うんですけど、結局それって、脳みその問題でもあるので。
鍵ハモでは右手、二胡では左手ではあるけど、使う脳みそは同じところを使ってて、それで楽器が違ってもトレーニングになってるんではないかな、と、なんとなく感じてたりします。

ま、たまたまかもしれんですけど。w

*

[PR]

by m_sakamaki | 2017-04-15 02:20 | 音楽 | Comments(0)

久しぶりに練習したらなぜか出来てる件。

f0002998_20313153.jpg

ずいぶん練習サボってたダラブッカの練習も再開。
久しぶりに叩いたら、左手の人差し指と薬指で交互に叩く ( で、ちゃんといい音で叩ける ) のとか、以前にあれほど苦戦してたのになぜか楽に叩けるように。
左手手首から先の脱力が、なぜかだいぶ出来るようになってて、あらっ!という感じ。

*

・・・こういうことって、なぜかよくありますよね。。
全然練習ができてなくて、久しぶりに練習したら、以前全然出来なかったところが、なぜか弾ける、、、っていう現象。
二胡でもよくあるんですよね~。。

昨日できなかったことが一晩寝たら出来るようになる、っていうのは、これもよくあるけど、
これは、前日の練習が脳みそとかの中で整理されて出来るようになったんだろうな~、と。(笑)
(そう思って、練習では、今日全然出来なくても明日起きたら出来るようになってるかも、、と、身体と脳みそに動きを刻み込むつもりで動作を繰り返すわけですが。w)

練習できていなかった期間、その曲以外で練習してて、って話なら、単純にスキルがあがったのかな、って思うんですけど。
楽器にも触っていなくて、っていう後の久しぶりの練習時の、「なぜか弾けるようになってる」現象。。

このダラブッカのは、普段の二胡での左手の脱力の意識がキッカケになったのかもしれませんけど。

いつも「謎だ。。」と思ってます。これ。

*

[PR]

by m_sakamaki | 2016-10-24 20:47 | 音楽 | Comments(0)

反省動画、あれこれ。。

f0002998_15162948.jpg

世の中はお盆。
今月は何気に忙しいので、このお盆休み中に、気になってる作業を出来る限り進めてしまわねばと思ってます。。

*

写真は、11日の山の日に参加した二胡弾き会の会場。
久しぶりの二胡弾き会参加で、前の参加は3月の二胡二胡大作戦(発表会的なの)だったので。
半年ぶり。。

例のごとく、演奏を動画撮ってチェックしたんですけど。
緊張はしたものの、緊張した状態でも、安定感という点ではだいぶよくなってると思ふ。
演奏自体は満足とはいえなくても、課題としている点に進歩が見られるので。自分的にはまぁ満足かな。。

動画で記録して、自分のやっていることを客観的に何度も見返すというのは、
いろんな意味で本当に大事だな、とも改めて思うところで。
ぶっちゃけ、落ち込むけど、励みにもなります。

*

反省動画、っていう話でいうと、13日の土曜日に、ライブで初VJをやりました。
先ほど、そのライブの記録動画が送られてきたので、見てたんですけど。

改めて見てみると、「・・・・なるほど~、、、、。」って感じですね。ww

やってる最中はいっぱいいっぱいな感じでしたが、後から動画を見てみると、
自信がなくて迷ってるとかっていう部分も見えてきちゃうし、(逆に、この辺から慣れてきたな、とかも。w)
細かいところで「ここはこうすべきだったな、、」とか、「やってる時はこう思ってたけど、動画で見るとこの方がしっくり来るな~。」とか。
思うところ、数知れず。

*

もともとこのVJの話は、自分が映像で参加してる別のバンドでリーダーやってるドラムのNさんが、シンセの方と二人でのバンドを作ったということで。
内容的にVJの人にも参加して欲しいっていうことで募集もしてるんですけど。
まだ見つからず。
ライブはもう決まってるので、よければ何か映像を流してもらえると、っていう話があって。
「VJ自体初めてだし、無料素材とかで、難しいことやるわけでない感じであれば。」とやることになった、という経緯で。

ただ、流しっぱなしでいい、とは言われても、VJソフトもまだ1週間ほど前に手に入れたばかりで、操作もいろいろ心配だし。
クラブイベントとかでVJは見たことあるけど、あんまり普段そういうのを身近に見てるわけでもないので、
普通はどんな感じでやってんだろう、とユーチューブ動画を見まくって、なんとなく雰囲気はつかんで。

とにかく現場で映像が出ませんとか、消えちゃうっていうのは一番困るので。
機材操作に慣れるために、毎日2回、音楽に合わせて実際に投影してみる、っていう練習をして臨んだんですけど。

とりあえず初めてにしては、まぁ無難にやった気がする。。
(正直、記録動画を見ると、ちょっと内容がベタすぎる感はありましたが。w)

*

プロジェクターやPC等の機材の設置、ライブ会場での取り回し等々、実際に現場で投影してみると、
いろいろ気がつくことも多くて、とても勉強になりました。
もう1つのバンドの映像投影の方にも、すごくフィードバックできそう。
(こちらはまだリハ段階でライブしたことがないので。ライブハウスでの投影の感覚は非常に勉強になり。もう1つのバンドの映像内容は、だいぶ毛色は違うものなんですけど。)

*

ライブとか演奏の記録動画を見ると、最初に見る1回目は、けっこう「あぁ~」と落ち込むことが多くて。
たぶん、自分がやった時にいい感じにできてたと思ってた部分が、思ってた程そうでもなかった、というところが気になるせいでしょうけど。
(たま~にその逆もありますが。失敗したー、と思ってたところはそれほど気にならない、とか。w)

2回目、3回目と少し間を置いて見返すと、冷静に、良いところと悪いところがチェックできますよね。。

あぁ~、、毎度毎度、記録動画を初めて見る時の緊張感。。wwww(^^;

*


[PR]

by m_sakamaki | 2016-08-15 16:00 | 音楽 | Comments(0)

鍵ハモ合宿でした。

f0002998_18152681.jpg

土日は鍵ハモ合宿でした。
藤野の芸術の家(だったかな?)にて。
・・・そういえば、二胡の楽団練習、欠席の連絡してませんでした。(すみません。。。)

*

合宿は、東京以外に、岡山、三重、仙台と、沢山のメンバーが参加して。
総勢20数名。

自分はまだ、東京メンバーの5人くらいしか会ったことがないので。
ほとんどの方が初めまして状態でしたが。
とても、中身の濃い、楽しい2日間でした。

ドラムサークルから始まり、
鍵ハモ吹きまくりで、予想していたよりも、内容はハードでしたが。(w)

*

今回、いろいろ勉強になったんですが。
特に、初日の夜に、特別ゲストとして来てくださった坂上領さんというフルーティストの方が、
妹尾さんの鍵盤とのライブの後に、ビブラートや呼吸についてのレクチャーをしてくださって。
これが非常に二胡の演奏とリンクする内容が多くて。
多くは、管楽器でもそうなのか、と再確認をした内容でもあり。

あと、新たに思ったこととして、音のはじめのエッジを立てるというアドバイスがあったんですけど。(全員での合奏を聴いた感想だったかと。)
これ最近、二胡でも思ってることなんですけど。
音の出し始めっていうのは、二胡なら弦、鍵ハモならリード、の振動のきっかけになる動作なので。
(その後の動作は、その振動の振り幅を増幅していくものなわけで。)
出しはじめにちゃんと振動をさせるっていうのは、やっぱ大事なんだよな、と。

二胡だと、ついつい弾き始めを滑らかにと意識しすぎてなかなかそこが出来てないという反省を、実は最近してて。
改めて、先生の演奏とか弓を観察すると、やっぱ弾き始めの一瞬は弓が弦をしっかりとらえてきちんとエッジがたってるしな。(ppから始まるフレーズであっても。)
そこを意識して練習するようにしていたところではあったんですよね。

*

そんなこんなでとにかく、いろいろ勉強になりました。
今回の合宿で自分の課題として思ったのは、タンギングをちゃんと練習して鍛えないと駄目だな、ということが一番かな。
速いフレーズは、指とタンギングがずれたりしてて。
これはどっちかというとタンギングに問題あり、、、という感じなので。

鍵ハモ、気合いれて練習いたします~。
関わってくださったみなさま、2日間ありがとうございました。

*

f0002998_18445211.jpg


[PR]

by m_sakamaki | 2016-07-11 18:49 | 音楽 | Comments(0)

太鼓と二胡のこと。

f0002998_2012052.jpg


浜松町のカラバッシュであったチャリティーライブ。
実は数日前まで、これ、夜だと思ってて。
ふと時間を確認したら、14時から。

え~、、、楽団の練習とかぶってるやん~。。。。

でも、今回ライブするバンドは、どちらも知ってる人が参加してて、
特にアフロベゲバンドの方は、前々から行きたいと思ってて、なかなかタイミングが合ってなかったので。

楽団の練習はお休み(また、、欠席ばかりですみません、、汗)させていただいて、こちらに行ってきました。

*

すごい良かった!!

*

最近、なんとなく太鼓を、また復活してもいいかな、という気持ちが出てきてます。

過去のフェイスブックの投稿を見返すと、「太鼓お休み」したのが2013年の夏なので、2年半くらい経ってて。
とはいえ、あと1年くらいは今みたいな感じかな、とは思うんですけど。

そういう感じになってきたのは、ちょっと二胡の方が、練習の方向というか、やっといろんなことが前向きに見えてきたからかも。

そもそも太鼓休んで二胡に専念しよう、と思ったのは、
「こんな感じだと、、何時までたっても二胡がまともに弾けるようになる気がしない、、、。」というのがあったからで。
今は、ずいぶん地に足がついた練習が出来てる気がするというか、このままちゃんと練習を積み重ねていけば上手くなるという実感があって。
それで、そういう気持ちにもなってきたんだと思ふ。。

突然また、どこかのジンベのワークに参加させていただくようになるかもしれません。

*
[PR]

by m_sakamaki | 2015-11-29 20:39 | 音楽 | Comments(0)

久しぶりに即興ワークに参加しました。

f0002998_00533568.jpg

すごく久しぶりに向井さんの即興表現ワークショップに参加をしてきました。
今回は、ジンベと二胡で参加したんですけど。
なんか、とてもいい感じで関われた気がする。
素直に楽しかったです。

*

くじ引きして3人1セットで、10分間。
それは、音楽は自分だけで、あとお2人は身体表現とかの方。

参加者一巡の後、次は、8人1セットで12分間。
こちらは音楽はベースの方と自分で、残りの方は身体表現の方。

*

フリーインプロのワークには、一番最初に参加したのは10年近く前なんですけど、それからは思い出したように1.2年に1度、とか参加をする感じで。(^^;

・・・というか、正確には、、
フリーインプロって本当に難しくて、、
参加して、上手く関われなくて、あぁ~ダメだ~、、って思って、時間をおいて、
その間にいろいろ経験とか勉強とかして、今回はどうかな、ってチャレンジして、また上手く関われなくて~、、っていうのをずーっと繰り返して、10年も経っちゃった感じ。(^^;

フリーインプロって、なんでもアリ、っていえば、そりゃ確かにそうなんですけど、
決してそうではないですよね、、。

きっとポイントは、あくまで、その場に対しての自分の衝動・欲求から生まれてくる音や動きであるべき、っていうところなのかなー、と。
でも、場に対する客観的な感覚も大事、みたいな、。
場に対する客観的な感覚がないと、やってることが自分の殻に閉じこもっちゃって、場に関われていないというか。

*

その辺って、、写真の、スナップ撮影と全く同じで。(ちなみに、自分はいわゆるスナップ写真こそ『写真』の一番大事なところをちゃんとした写真だと思ってます。)

もともとジンベを始めたのは、その感覚を掴みたいっていうのが一番の理由で、写真のトレーニングのための音楽の勉強っていうのもその辺な訳ですが。

写真の場合は、いかに自分の衝動をきちんと掬い取れるか、っていうのは撮影の段階であって、
「客観的に」云々は、セレクトの話でありますが。

*

インプロのワークに参加すると、いつもは、考えすぎちゃったり、嫌な作為的になっちゃったり、、、とか、うまく関われなかった感がものすごく大きくて凹んじゃうんですけど。

今日のは、上手い下手は別として(w)、とりあえず、すごく素直に関われたという感じがあって。
いや、ほんと。 楽しかったです。

*





[PR]

by m_sakamaki | 2014-08-26 01:41 | 音楽 | Comments(0)