真岡の灯ろう流し。


f0002998_01462461.jpg

久しぶりの更新です。

昨日(8月15日)は、午後イチで撮影1件。
その後、真岡の灯ろう流しに行ってきました。

楽団でもご一緒してるIさんが、フェイスブックで、ここのステージで二胡の演奏をするという案内してて。
電車の時間を調べたら、今から行けば、19時くらいには現地につけて、20時48分の真岡発の電車に乗れれば新宿まで最終で帰ってこれる。
Iさんは20時から演奏するって案内してたし。
行ってみようかな、という気になって。

東京はかなり雨が降ってて、真岡の灯ろう流しの案内では、雨天順延とか。(明日16日に。)
念のため、市役所に電話確認したら、「今日は予定通り開催します」とのことだったので。
カメラ1つ持ってプラッと行くことにしました。

*

真岡駅まで、鉄道の乗り換えが悪く、小山で30分、下館で30分、駅で待ってて、片道3時間近く。
天気予報ではず~っと小雨が降るような感じだったので、小雨覚悟でしたが。
現地に着いてみると雨は上がってまして。

*

Iさんを見かけたら声かけようと思ってたんですけど。
現地に行ってみたら結構人が多くて、ま、別にいいかな、と。(^^;

最初、ステージ川向いの道路で立って合唱とかのステージ見てたんですが。
立ってるのも疲れてきたので、ステージからはだいぶ離れた、灯ろうを川に流す口近くの川べりのベンチにて。

遠くから聞こえて来る音楽と、目の前を行き交う家族連れの話し声、雑踏の音を聴きつつ、
ただただ流れていく沢山の灯篭と、風に漂う無数のシャボン玉。
なんだか、終わりのない映画のワンシーンを見ているような、、、。

*

そんなこんなで30分ほどボーっとしてたら、突然声をかけてきた人が。
ふと見ると、なんと、楽団でもご一緒してるHさん!
こ、こんな人ごみの中で見つかってしまうとは!(w)
そういえば、栃木に住んでるんでした。
ダンナさんと来てて。

自分は20時半くらいにはここを出ないと帰れないので。
Iさんの演奏は、どれくらいの時間かもわからないし。人ごみから抜け易い、帰りやすいところで聴こうかな、って思ってたんですけど。

「ステージの真ん前に座れるところあるから! Iさんの演奏も真正面から見られるから。あっちへ行きましょう!行きましょう!!」と、
見かけによらず超押しの強い(w)Hさんに引っ張られてステージ前(川向い)のベンチへ。

「20時半にはここ出ないと新宿まで辿り着けないので~。」と言ったら、Hさんとダンナさんが宇都宮線のどこかの駅まで乗せてってくださる、という話になり。
時間を調べたら、それだと慌てて帰らなくても大丈夫そうなので、お言葉に甘えてゆっくり聴いてから帰ることになりました。

*

・・・弦の響きは、、、やっぱ、、いいですね~、、、と、改めて、思いました。
Iさんの二胡のソロ、生では初めて聴きましたが、気持ちが伝わってくるような。
本当に、とても好かったです。

*

Iさんの演奏の後、挨拶に行ったら、たいそう驚かれ。(w)
・・・結局、Iさんの車で宇都宮線の最寄の駅まで送ってもらうことに。(^^;

車中、話をしてたら、Iさん、あの灯ろう流しの雰囲気にすごく魅かれて、ここのステージで演奏したい、と曲を作って送ったそうで。
それを聴いた担当の方から連絡をもらって。以来声をかけていただいて演奏をしているとか。

あぁ、、、Iさんがそう思った、その感じ。わかる気がしました。すごく共感しました。
そんな、言葉に表せない空気を感じてた真岡の灯ろう流し。

*

f0002998_01462948.jpg

[PR]

by m_sakamaki | 2017-08-17 01:50 | 日常 | Comments(0)